女優の杉咲花(22)、歌舞伎俳優の市川染五郎(14)が23日、都内で劇場オリジナルアニメーション『サイダーのように言葉が湧き上がる』(5月15日公開)の完成報告イベントに登場。それぞれが抱えるコンプレックスについて語り合った。

【動画】照れ笑い…コンプレックスを告白する杉咲花

 同作はコミュニケーションが苦手で、俳句以外では思ったことをなかなか口に出せないチェリー(市川)と、見た目のコンプレックスをどうしても克服できないスマイル(杉咲)が、ショッピングモールで出会い、言葉と音楽で距離を縮めていくストーリー。

 キャラクターへの思いを問われた染五郎は「チェリーと自分は、すごく似ている。人としゃべるのが苦手だったり。後は、チェリーは表面は人見知りという性格だけど俳句という好きなものには情熱を秘めている。自分も歌舞伎は大好きでやっている。通じるものがあるのかな」と打ち明けた。そして、流れでコンプレックスにまつわる質問に。染五郎は「コンプレックスがありすぎて…。コンプレックスばかりの人間」と告白。「歌舞伎の舞踊の作品をやる上で足が長いと腰が落ちて見えない。そこがコンプレックスですね」と長い手足がコンプレックスというぜいたくな悩みを口にしていた。

 一方の杉咲も「スマイルは前歯が出ていることを気にしてマスクをしているキャラクター。私も前歯が出ていて…。なにか共感できるなって思いました(笑)」と語った。そして「この映画を見ていると、自分にとってコンプレックスは『恥ずかしい』『見られたくない』と思うかもしれないけど、誰かからすればあこがれだったりするんだなと感じられる。スマイルやチェリーを通して私自身も元気をもらいました」と笑顔を見せた。

 また、オファーは手紙だったそう。監督と脚本を務めるイシグロキョウヘイ氏は「(声を)聞いた瞬間に『チェリーがいた』と思えた。その気持ち便せんにしたためまして、彼に読んでいただいて快諾をいただいた」と振り返る。染五郎は「監督のお手紙が熱いメッセージが書かれていた」とし「自分の声は嫌いですけど、やるしかない、と」と決意した瞬間を思い返していた。

 そんな染五郎にとって初映画、初主演での声優初挑戦した作品が完成。「作品のアフレコまでは不安だったんですけど、きちんと完成して届く。不安もありますけど、1番は、どんな反応をいただけるか。すごく楽しみです」と語っていた。

 27日に15歳の誕生日を迎える染五郎に誕生日サプライズも。染五郎が好きなマイケル・ジャクソンモデルのベアブリック、劇中で演じたキャラクターがしていたものと同じモデルのヘッドホンが贈られた。染五郎は「部屋に飾ります」と笑顔を見せ「数学が苦手なので頑張りたいと思います」と15歳の抱負を語った。