人気グループ・関ジャニ∞の村上信五が出演する22日放送のフジテレビ系スポーツ番組『村上信五∞情熱の鼓動』では、同局東京2020オリンピックメインキャスターに就任した村上が、競技の最先端を走るトップアスリートに密着。今回は昨年の世界選手権で日本人として初めて優勝、東京オリンピックの日本代表にも内定したトランポリン・森ひかると、走り高跳び・戸辺直人の強さの秘密に村上が迫る。

 トランポリンは2000年のシドニーオリンピックから正式採用され、トランポリンの上で10種類のジャンプを連続して繰り出し、わずか20秒の中で、その技術と美しさを競う。その魅力について、森は「トランポリンは一発勝負の競技で、失敗したらもう一度っていう事ができないので、一発にかける思いや緊張感はトランポリンが1番かなって思います」と答えると、村上も「確かに、競技時間も非常に短い中で、やらなきゃいけないことがたくさんある」と納得する。

村上信五のテレビ出演歴

 森のジャンプ練習を見学した村上は、「高っ!」「きれい」「(ネットの)沈み方がエグい」と感嘆の声をあげる。トランポリンは、1回のジャンプで体重の10倍以上の衝撃を受けると言われ、見た目以上にハードな競技。中でも森は、ジャンプの高さを最大の武器にしている。

 練習見学後、村上がトランポリンを体験することに。当然森のようにうまくは跳べず「跳んで同じとこに帰ってくるっていうの、できないですね」と、見ている以上に難しい事を実感。高く跳ぶコツを教えてもらい再度トライすると、明らかに上達し、村上も「ちょっと分かった」とコツをつかんだ様子。

 4歳でトランポリンに出会い、史上最年少の14歳で全日本選手権優勝、天才少女と呼ばれた森の競技人生をグラフにしてもらうのだが、果たしてどんな浮き沈みがあったのか。森が史上最年少優勝を果たした年に、東京オリンピックの開催が決定。年齢制限でリオオリンピックに出場できなかった森は、東京オリンピックへの出場が目標となった。高校1年の時に、トランポリン強豪校へ転校。演技点を上げるために技の難度を下げて基礎練習を重ね、その練習のかいあって、昨年の世界選手権で見事優勝した。東京オリンピック代表内定を勝ち取り、日本トランポリン界初のオリンピックメダル獲得を目指している。

 続いて、村上は走り高跳び・戸辺のもとへ。世界の高い壁に阻まれ続け「日本人とは無縁」と思われてきた競技だが戸辺という超新星の登場で変化が。戸辺は、昨年ドイツで行われた国際大会で優勝、13年ぶりに日本新記録を更新した。これはリオオリンピックの銅メダルに相当する記録。いかにして世界という高いハードルを跳び越えたのか…。村上は筑波大学大学院の博士号を持つスポーツ科学の研究者でもある戸辺の実験室でその秘密に驚くこととなる。

 戸辺は専属コーチを付けず、研究で解明された理想の跳躍を1人で追究してきた。走り高跳びは助走から踏み込みがうまくつながった時、バーを跳び越えることができる。研究で培われた分析力が戸辺の強さを支えていた。アスリートと研究者の二刀流、そこに戸辺の強さの秘密があった。

 取材を終えた村上は「本当にお好きなんだなっていうのが、言葉の端々から伝わってきますし、共感できたところがよかったです。東京オリンピックで一番いい結果が出ることを切に願っております」とエールを送った。