4月1日からスタートするテレビ朝日系バラエティー番組『ひかくてきファンです!』(毎週水曜 深0:15~0:45※一部地域をのぞく)の初回収録が同局で行われ、出演の今田耕司、指原莉乃、EXIT、並木万里菜アナウンサーが取材に応じた。

【写真】第7世代と呼ばれる芸人たち

 同番組は、芸能人とそのファンにスポットを当て、深い絆や芸能人の知られざる素顔を引き出してきた『すじがねファンです!』をリニューアル。引き続き今田&指原がMCを務め、新たに第7世代の人気コンビ・EXITと並木アナがレギュラーとして加入。さまざまな人やモノの熱狂的な2組のファンを比較して、人気の秘密や知られざる素顔を深堀りしていく内容に変わる。

 今田は「(前々身の)『いまだに』、『すじがね』ときて、次は『ひかくてき』と聞いた瞬間は、ちょっと弱くなったなと思ったんです(笑)。『まぁ、ひかくてき好きな方やけど…』みたいな意味だと思ったんですよね。でもそうじゃなくて、ファンを比較するという意味の『比較的』なんですよ。それぞれのファンを比べることで、いろいろなことがわかりやすくなると思います」と、説明。

 指原も「ファンの方の話を聞くという本質は変わらないので、実際にみなさんが活動する現場に行って話を聞くことで、その“思い”や気持ちをより知ることができるんじゃないかなと思っています。みなさんの涙が本当にステキで、私はそれに心を打たれて毎回泣いちゃうんです。これからも変わらず、熱い涙が見られたらいいな」と、新番組に期待をふくらませた。

 EXITの事務所の先輩でもある今田は「第7世代のEXITとの化学反応が楽しみ。刺激をもらいたい」と若い世代との共演を喜ぶと、以前、番組に出演した際、ファンとの絆を披露したEXITは「以前出演させていただき、今度はここに混ぜてもらえる。それがホントにうれしい」(りんたろー。)とコメント。初回収録の感想は「出てらっしゃる方がみんな明るくて楽しそうで、内面パリピだなって思いました。いろんな見た目の人がいますけど、内面はみんな総じてパリピだなって(笑)」(兼近大樹)と、話していた。

 また、並木アナの「指原さんはアイドル時代と今、ファンの方が変化したのかどうか…なども気になります」という発言を受け、指原は「前は握手会が多かったので親より会っている感じだったんですけど、今は本当に会わなくなっちゃったので、『みんな元気かな?』って思います。おじいちゃんのファンの方もいたので、どうしてるんだろうって」と、ファンと接する機会が激減していることに改めて気づき、「ファンの方が当たり前のようにいてくれたので、友達以上というような、不思議な関係だと思います」と、かみしめていた。

 ほかの3人にもずばり、ファンはどんな存在か、と聞くと。りんたろー。は「いつも感謝しています。以前、この番組で約束したとおり5000人ライブもやったんですけど、ファンの方に要望をいただいてアクションを起こす第一歩だったりするんですよ。いろんな意見をいただけるので、参考にさせていただいています」。兼近は「…恋人っすね(笑)! 恋人より大切な存在かもしれません。いろいろなファンの方がいてくれるおかげで僕らは活動ができるので、なんならEXITよりEXITだなって思います」と、話していた。

 初回(4月1日放送)は、EXITが気になっているという両声類アーティスト・RioとVRアイドル・えのぐのファンを比較。男性と女性どちらの声も一人で出して歌う両声類歌手・Rioを売れる前から応援し続けている熱狂的ファンを紹介。さらに、Rioがスタジオに登場し、テレビ初披露の楽曲を熱唱。その歌声にも注目だ。

 一方、インターネットで生配信行い、VRゴーグルを装着したファンと仮想空間で触れ合う4人組VRアイドル・えのぐ。モニターを通して、えのぐのメンバーと触れ合った今田らは大興奮。最先端のアイドル事情に驚愕する。Rioとえのぐ、2組のファンの実情を徹底調査し、浮き彫りになった次世代アイドルの知られざるヒミツや魅力とは?