NHKと民放ラジオ101局の共同ラジオキャンペーン特別企画として「#いま聴いてほしいラジオ」が、19日からスタートする。スマートフォンのアプリで聞けるようになり、新たな音声メディアとしても注目を集めるラジオ。新型コロナウイルスの影響により在宅で過ごす中学生・高校生に向けて、昼間の時間帯にラジオを聞いてもらうようPRしていく。

【写真】昨年の共同キャンペーンでは大型特番の司会を三四郎が担当

 らじる★らじる、radikoなどラジオが聞けるスマホアプリでは、リアルタイムではなく、さかのぼって過去のラジオ番組を聞くことができるタイムフリー(聞き逃し)機能が活性化。同機能によって、昼間でも深夜の番組が聞けたり、自分のタイミングで教養番組を聞いて学習できるなど、今までにないラジオの聞き方が進んでいる。

 昨年2月~3月に実施したNHK・民放連共同ラジオキャンペーン「#このラジオがヤバい」では、期間中、40万件を超えるツイートが集まるなど、改めてラジオとSNSの親和性が確認された。こうしたことから、本特別企画「#いま聴いてほしいラジオ』を展開することによって、在宅中の中学生・高校生に、自宅学習に役立つ番組から音楽番組やバラエティー番組まで、さまざまなラジオに関する情報を周知していく。

 「#いま聴いてほしいラジオ』をつけて、NHKと民放ラジオ局の公式アカウント、番組アカウント、パーソナリティーが、お休み中の中学生・高校生に聞いてほしいラジオ番組の情報をつぶやくとともに、リスナーにもつぶやいてもらうという仕組みを採用。「#いま聴いてほしいラジオ」上には、おススメのラジオ番組が書かれたツイートが並び、そのツイート上に貼られたタイムフリー(聞き逃し)へのリンクをクリックすると、すぐに番組を聞くことができる。