中高生のアクティブな毎日を応援する資生堂のボディケアブランド『シーブリーズ』は、3月20日から田鍋梨々花(たなべ・りりか 16)と宮世琉弥(みやせ・りゅうび 16)を起用した新TVCM『デオ&ウォーター「写真のキョリ」篇を放映する。

【動画】胸キュンストーリー!田鍋梨々花&宮世琉弥出演の『シーブリーズ』新CM

 これまで「シーブリーズ」では、存在感のある注目の若手女優・俳優を起用し、ブランドコミュニケーションを展開しており、同CMは今や若手女優・俳優の“登竜門”ともいえるCMに成長した。新CMは、起用が決まった田鍋と宮世による爽やかな学園のワンシーン。恥ずかしがりながらもシーブリーズを使って勇気を出す田鍋と、優しくリードする宮世の描く胸キュンストーリーが描かれる。

 撮影の日は雲ひとつない快晴。思わず写真を撮りたくなるような、海が見える気持ちのいい屋上で、撮影が行われた。新タレントということで、最初は初々しかった2人。それでも撮影が進むうち、だんだんと打ち解け、琉弥と梨々花が見つめ合うシーンでは、ずっと見つめ合う2人に、スタッフから、思わず「いいな~」の声がこぼれた。

 田鍋は「プライベートでもシーブリーズを使っていたので、こうしてお仕事で関わることが出来てすごくうれしいです! 学生ならではの胸キュンや、初々しさをたくさん表現したので、このCMを見て爽やかな気持ちになってくれたらうれしいです!」とメッセージ。

 宮世は「事務所の先輩方に憧れて、僕自身の目標でもあったシーブリーズのCM。夢みたいです。学生の皆さんは勿論、各世代の方々もすごく共感できる『あの子に近づきたいけど勇気が出ない』THE青春真っ只中のきゅんきゅんです!」とコメントを寄せている。

 なお、CMタイアップソングには、井上苑子が歌う書き下ろしの新曲「 近づく恋」を起用している。