女優の上白石萌音が主演し、俳優の佐藤健が共演するTBS系火曜ドラマ『恋はつづくよどこまでも』(毎週火曜よる10時~※15分拡大SP)の最終話が17日、放送された。怒涛の“胸キュン”展開に反響が寄せられている。(以下、ネタバレあり)

【写真】佐藤健と上白石萌音が見つめあって…“胸キュン”オフショット&キャスト集合動画

 最終話では、看護師として成長したいと考えていた七瀬(上白石)が、身近な人たちの向上心に触発され始めていた。そんな中、看護師長の茉莉子(平岩紙)から看護留学を勧められるが、七瀬は天堂(佐藤)と離れたくない気持ちから踏み切れずにいて…。さまざまな苦悩や葛藤を乗り越え、2人の関係性はゆるぎないものへと進展。ラストにはついに結ばれた2人の結婚式が描かれ、感動のフィナーレとなった。

 毎週視聴者から反響を呼んでいた2人のラブシーンもパワーアップ。天堂が料理をする七瀬を後ろから抱きしめる“バックハグ”、七瀬がくわえたパンをかじる”パンキス”、そして、とろけるような甘いセリフの数々…。“胸キュン”がてんこ盛りの展開にSNSでも「パンキスはやばい」「心臓もたない」「なにあのパンかじ!えっちすぎ!」など悶絶する声が見られた。

 放送終了後には、ドラマの公式SNSがオフショットを次々とアップ。タキシード姿の天堂がウエディングドレス姿の七瀬と見つめあうラブラブショットや、キャストが勢ぞろいした集合動画などを公開。動画では、上白石の「恋はつづくよ」のかけ声につづいて佐藤らが「どこまでも!」と言いながら笑顔を見せている。

 ファンからは「恋つづに出会えて良かった」「続編待ってます!!」「ニヤニヤ、とまりませんでした。感動しました」「泣きまくってすでにロスです」「最終回、キュンキュンの嵐で眠れそうにありません!笑」といった1.3万件を超えるコメントが殺到するなど、大きな反響を呼んでいる。