NHK総合で4月5日から放送されるテレビアニメ『キングダム』第3シリーズの主題歌情報が18日、発表された。OPテーマをBiSH、EDテーマをwaterweedが担当する。あわせて、秦国VS合従軍を描いたアニメのメインPVが公開。BiSHが歌うOPテーマ曲「TOMORROW」を聴くことができる。

【動画】秦国VS合従軍を描く!BiSHの歌声が聴けるPV

 PVでは、楚軍の奇襲を皮切りに合従軍が襲来し未曽有の危機に陥る秦国…、対峙する両軍の個性豊かな武将らの激闘が壮大に描かれている。また、中華統一を阻止するために合従軍を興した趙国の天才軍師・李牧と、国家存亡のために総力戦で迎え撃つ秦国・エイ政。互いのこの戦にかける大きな決意と思いも見て取れ、開戦した合従軍編に期待が高まる内容になっている。

 OPを担当するBiSHのセントチヒロ・チッチは「敵味方関係なく個性豊かなキャラクター達が成長していく姿にBiSHも刺激をもらいました。彼等も私達も生きる時代は違えど、生き抜くため、がむしゃらに走り続けている戦士です。BiSHも精一杯歌を届けます」と意気込み。

 EDを担当するwaterweedのTomohiro Ohgaは「大好きなキングダム、アニメのエンディングテーマを書かせていただきました。これからも、関わっていく皆の想いを背負って前に進んでいこうと思います」とコメントを寄せた。また、waterweedは今回、初のテレビアニメタイアップとなる。

 『週刊ヤングジャンプ』(集英社)で連載中の原作漫画は、コミックス既刊累計4700万部を突破し、2019年4月には初の実写映画化、大ヒットを記録した。春秋戦国時代の中国を舞台に、天下の大将軍を目指す少年・信と、後の始皇帝となる若き王・エイ政の活躍を描いた中華戦国大河ロマンで、TVアニメ第1シリーズはNHK BSプレミアムにて12年6月から13年2月に、第2シリーズは13年6月から14年3月まで放送された。

 第3シリーズは原作・原泰久氏の監修の元、スタッフを新たに放送決定。今シリーズでは、『キングダム』史上最大規模の戦いといわれる合従軍編に突入し、秦国の王都である咸陽(かんよう)へ迫りくる合従軍の猛威に対し、秦国が立ち向かっていく壮絶なものに。信、エイ政らをはじめとし、名だたる武将らの戦いで物語が彩られる。