俳優の田中圭が主演を務める映画『ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~』(6月19日公開)に、女優の土屋太鳳が出演することが発表された。田中と土屋は『図書館戦争-THE LAST MISION-』(2015年)以来の共演で、本作で初の夫婦役となる。

【画像】解禁された『ヒノマルソウル』ポスタービジュアル

 映画は1998年、長野冬季五輪のラージヒル団体で日本初の金メダルを獲得した岡部孝信、斎藤浩哉、原田雅彦、船木和喜の4選手を裏で支えたテストジャンパーにスポットを当てた実話を描くもの。田中は94年リレハンメル大会のスキージャンプ団体で日本代表をけん引するも銀メダルに終わり、長野五輪では代表落選を味わった西方仁也氏を演じる。

 土屋が演じるのは、西方氏を常に見守り励まし続けた妻・幸枝さん。長野五輪に落選した夫を励まし、代表選手らを支えるテストジャンパーの道を選ぶときには、そっと背中を押す芯の強い女性。田中は「本当に大人っぽくなった」と女優として大きくなった姿をたたえ「幸枝さんが、古き良き時代の日本の女性の強さ、しなやかさを持っていて土屋さんにピッタリ」と太鼓判を押す。

 土屋は「実力でも努力でも超えられない壁。その壁に挑んだ実話は素晴らしいがゆえに難しく、気象問題含め大変な撮影を座長である田中圭さんが引っ張ってくださいました。チームワークと共に、この貴重な実話がスクリーンを飛び出して、ひとりでも多くのかたへ届きますように」とアピールしている。

 さらに、2人の劇中スチールも到着。子役の加藤斗真くんを間に、テストジャンパーとしての責任、子どものために自分を支える妻との家族愛が伝わるような1枚。さらに、田中のほかテストジャンパー役として出演する山田裕貴、眞栄田郷敦、小坂菜緒らを写したポスタービジュアルも解禁になった。