女優・杏(33)の夫で、俳優の東出昌大(32)が17日、都内で行われた映画『三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実』(20日公開)の直前トークイベントに参加。女優・唐田えりか(22)との不倫や杏との別居を報じられて以来、初めて公の場に姿をみせた。イベント終了後には急きょ、取材に応じることになり、杏、そして子どもたちに謝罪の言葉を述べた。

【写真】東出昌大の左手薬指には指輪なし 時折笑顔も

 トークイベントでは時おり、笑顔を見せる場面もあったがフォトセッションでは表情を崩さず。こわばった顔のまま、無数のフラッシュを浴びた。その後、多数の問い合わせがあったこと、100人以上の報道陣が集まったことなどから事務所と配給会社が相談し、取材会を行うこととなった。

 東出は「この度は、お仕事の関係者に多大なるご迷惑をおかけし、誠に申し訳ありませんでした」と深々と一礼して謝罪。「最も謝罪しなければいけないのは、妻に対してだと思っています」と語り「毎日、妻に対して、子どもに対して申し訳ない気持ちがある。妻を傷つけてしまい申し訳ない」と心境を吐露した。

 その後、報道陣の質問を受け付けた。「これ以上、妻を傷つけたくありません」と答えられない質問があることを事前に予告。杏との現在の関係、様子などには一切の言葉にすることはなかった。

 杏と唐田、どちらが好きなのかという際どい質問も。13秒の沈黙ののち「申し訳ございませんが、お相手のこともあるので。また、私の心のうちを今、ここでしゃべることは、妻を傷つけることになると思いますので。申し訳ございませんが」と明確な答えは言わなかった。

 唐田と会わない約束を杏とした後も関係を続けたという報道も。これについては「自分のことしか考えていなかった」と認め、謝罪した。唐田と別れたのか聞かれると「はい」と短く明かした。一方で「直接、お会いはしていませんが」と唐田にも謝罪したことを報告した。どうして不倫したか問われると「仕事、私生活においてのおごり、慢心、そのようなものがありました」と言葉を選びながら語った。

 ただ、杏と話し合いができたのか問われると「ドラマの撮影が終わって、この数日のうちに」と明かす。共通の知人もいたが、大筋は2人だけで1時間ほどの会話だったそう。そこで東出は杏に謝罪の言葉を述べた。「話し合いは今後も続けていくことになると思います」と継続的にコミュニケーションを取る予定といい「具体的なことは何も決まっていません」と離婚などの決断はくだされていないことを明言した。話し合いには弁護士は入っていないことも明かし、関係改善へのステップを踏んでいることを伺わせた。

 厳しい追及にも応じ続ける東出の額には大粒の汗。苦悶の表情を浮かべる場面もあった。「本当に申し訳ないことをした」「裏切りから一生消えない傷を負わせてしまった」「自身の犯した過ちを後悔しない日はない。ですが、子どもたちが大きくなったときに、これ以上、情けない思いをさせないように最善の日々を過ごしていきたい」と妻と子どもたちへ何度も謝罪。

 最後は「今後、何かが決まりましたら必ずご報告させていただきます。私の口から言えたことではないのですが妻と小さな子どもたちのことは静かに見守ってあげていてください」と“家族”への取材自粛を報道陣へ依頼した。修復へ一歩ずつ歩み始めているようにも見えるが、東出が信頼を取り戻せる日は来るのか。