フリーアナウンサー生島ヒロシ(69)の次男で、俳優・ダンサーの生島翔(34)が主役を務めるはずだった米短編映画が、新型コロナウイルスの影響で中止になったことが16日、わかった。

【写真】映画『DARC』では…鬼気迫るヤクザの幹部を熱演した生島翔

 『RESCUED』という作品で、生島は誤って崖から転落し、山中での自殺を考えていた女性山岳隊員に助けられる役どころ。生島は彼女にパーソナルな質問を浴びせるが、それらは不思議と彼女の心の大切な部分に触れ、彼女も自殺をすべきか否か改めて考えなおすというストーリー。

 ロス在住の友人の紹介で2月前半にオーディションを受け、見事に合格。スカイプを使って打ち合わせや本読みをし、4月中旬からのクランクインを心待ちにしていた矢先だった。生島は「すごく残念で、悔しいです。低予算のショートフィルムとは言え、楽しみにしていましたので…。一刻も早くコロナ禍が収まることを願っています」と悔しさをにじませた。

 生島といえば、動画配信サイト・Netflixから日本を含む世界190ヶ国で配信された『DARC(ダーク)』(ジュリアス・ナッソー監督)で準主役ハリウッド・デビュー。15歳の時に単身渡米し、ニューヨーク大学・ティッシュ・スクールオブジアーツで学んだ卓越した英語力とコンテンポラリーダンスで鍛えた身のこなしで今後、米国での活躍も期待される。

 今後に向け、生島は「DARCに出演して、大きな一歩を踏み出しましたが、まだまだです。今年はオリンピックイヤー。世界との架け橋になりたい」と語っている。