お笑いコンビ・ますだおかだの増田英彦が17日、大阪市内で行われたJ:COMとスカイAの新レギュラー番組『虎ヲタ~知ればアナタも人気者~』(J:COMチャンネルでは4月1日、スカイAでは4月12日よりスタート)収録に参加。新型コロナウイルス感染拡大のため、プロ野球の開幕が延期になっている状況を受けてコメントを寄せた。

【番組カット】関本賢太郎氏と熱いトークを展開

 増田は「劇場でも、今はお客さんと一緒に楽しむすごくいい空気。開幕戦は、試合だけじゃなくて、ファンも選手もどんな熱、空気になるんだろうという、お客さんが入って(一緒に盛り上げていく)雰囲気が本当に楽しみ」と期待。阪神タイガースOBの関本賢太郎氏は、ファンに対して「開幕まで他球団の選手を把握して楽しみにしてほしい。選手もオープン戦中は、試合の合間に分析している」と提言した。

 関本氏は続けて「自分も震災で2週間延期になったことがあったけど。今回は、開幕日が決まっていないから、そこに向けて調整するのが難しい。体をいじめぬくのか、維持するのか」と選手の立場になって、複雑な心境を告白。「オープン戦で(読売)ジャイアンツが不調だったけど、立て直す時間を与えてしまった。そこに勝ち越さないと優勝できないので」と優勝へのキーポイントを語った。

 一方の増田は「東京オリンピックの年は、阪神タイガースが優勝する年っていうジンクスがある。前回優勝の前年は3位、昨年も3位で、条件はそろっている。オリンピックが中止になると優勝も中止になるから、延期はいいけど、中止はないね」と持論を展開。関本氏から「ジンクス言うても1回」とツッコまれながらも、増田は「1回でもジンクスだから。早く決めてくれな、ファンの心持ちもあるからさ。IOCを阪神ファン目線で見てる」とファンの気持ちを代弁していた。