GLAYの最新ベストアルバム『REVIEW II ~BEST OF GLAY~』が初週6.4万枚を売り上げ、3月17日発表の最新「オリコン週間アルバムランキング」で、1位に初登場。GLAYのアルバム1位獲得は、2017/7/24付の『SUMMERDELICS』(2017年7月発売)以来2年8ヶ月ぶり。『BEATout!』(1996年2月発売)が1996/2/19付で初の1位を獲得してから、通算15作目となった。さらに、1990年代から2020年代の4年代連続でのアルバム1位(オリジナル、ベストなどすべて対象)は、グループとしては2015/4/13付のサザンオールスターズ『葡萄』(2015年3月発売)の1980年代~2010年代に続く、史上2組目の記録となった。

【写真】メンバーが選曲したベストアルバム 4枚組ジャケット一覧

 この偉業に対し、GLAYを代表してリーダーのTAKUROは「97年に『REVIEW』をリリースしてから23年という月日が流れましたが、こうしてまた『REVIEW II』を届けられる事をメンバー一同心からうれしく思っています」とコメント。

 また、「当時はデビュー3年目のベスト盤という事もありヒット曲も少なく、足りない分は僕らがデビュー前から演奏し続けてきた隠れた曲やアルバムの隅に置かれた愛着ある曲で構成しました。今ではGLAYのライブに欠かせない『彼女の”Modern…”』はその代表のようなものです。」と『REVIEW』の構成について裏話を明かす一方、『REVIEW II』に関して「25周年を迎えたGLAYが2020年代最初にお届けするREVIEW IIはあの頃と違い、たくさんのファンの皆様と作り上げたベスト盤だと胸を張って言えます。どの曲もファンの皆様と共有し幸せな時間が育ててくれた曲ばかりです。また宝物が一つ増えました」と支えてくれたファンへの感謝を述べた。

 本作は、デビュー25周年記念ベストアルバム。ただシングル曲を集めた作品ではなく、「自分たちが納得する楽曲を収録したベスト盤にしたい」という思いから、メンバーがそれぞれのコンセプトで選曲した4枚組となっている。女優・北川景子が本作のCMで口ずさんでいる『HOWEVER』『SOUL LOVE』ほか、SUBARU『レヴォーグ』のCMソングとなった『Into the Wild』、韓国を中心に活躍するボーイズグループ・PENTAGONとコラボレーションした『I‘m loving you』の新曲2曲を含む全52曲を収録している。

■GLAY TAKUROコメント
 97年に『REVIEW』をリリースしてから23年という月日が流れましたが、こうしてまた『REVIEW II』を届けられる事をメンバー一同心から嬉しく思っています。
 当時はデビュー3年目のベスト盤という事もありヒット曲も少なく、足りない分は僕らがデビュー前から演奏し続けてきた隠れた曲やアルバムの隅に置かれた愛着ある曲で構成しました。今ではGLAYのライブに欠かせない『彼女の”Modern…”』はその代表のようなものです。
 そして25周年を迎えたGLAYが2020年代最初にお届けするREVIEW IIはあの頃と違い、たくさんのファンの皆様と作り上げたベスト盤だと胸を張って言えます。どの曲もファンの皆様と共有し幸せな時間が育ててくれた曲ばかりです。また宝物が一つ増えました。
 現在コロナウイルスが凄まじい勢いで広がりを見せ世界中の人々の生命を脅かしており、辛い現実が立ちはだかっております。未だ記憶に新しい「東日本大震災」をはじめとするあらゆる有事の際には一見無力に思える音楽にも、それでも出来る事、役に立つ力はあるはずだと信じて僕らは何が出来るか考え続けていこうと思います。現在自粛ムード一色のエンターテインメント業界がまた再び立ち上がる際にはぜひ皆様のお知恵とお力をお貸しいただけると幸いです。
 最後に『REVIEW II』を1位にしてくれたファンの皆様、一人一人にお礼を申し上げます。ありがとうございました。
 これからもGLAYは解散する事なく真摯に音楽と向き合い活動してゆきます。変わらぬ応援よろしくお願いします。

※ソロアーティストを含めると9組目。
<クレジット:オリコン調べ(3/23付:集計期間3月9日~3月15日)>