タレントの中居正広が出演する日本テレビ系特番『中居正広の4番勝負』が17日の午後7時より放送される。『東京オリンピックのスターとガチ対決SP』と題した今回、ソフトボール対決、バスケットボール対決、バトミントン対決、フェンシング対決に挑戦。今回で12回目となる同番組でこれまで中居が挑んだ勝負は累計57勝負。昨年は4戦全敗だっただけに、今年はリベンジを誓った47歳中居が新競技など4競技のガチ対決に奮闘する。

【番組カット】ソフトボールにバスケ…中居正広が挑む”ガチ対決”スポーツ

 12年ぶりにオリンピックに復活する『ソフトボール』では金メダル有力候補、SOFT JAPANと対決。チーム中居には東京オリンピックで活躍が期待される侍ジャパンの小林誠司選手と菊池涼介選手、西川遥輝選手、元メジャーリーガー岩村明憲らが参加。昨年は中居のエラーで負けたため、初解説の高橋由伸のグローブを使った中居がまさかのミラクルプレーを連発する。

 『バスケットボール』ではこの競技では初めて女子チームが参戦。女子日本代表の193センチ渡嘉敷来夢選手擁する国内リーグ11連覇中のJX-ENEOSサンフラワーズの女子国内最強チームと対決する。対するチーム中居にもジャニーズの後輩Snow Man深澤辰哉が初参戦、ハンドボール宮﨑大輔選手、元サッカー日本代表のボンバー中澤佑二、渡嘉敷選手を超える195センチのアフロ副島淳、NON STYLE井上裕介など個性豊かなメンバーで挑む。最後までシーソーゲームの試合は劇的な結末に…。

 『バドミントン』では東京オリンピック金メダルが期待されている奥原希望選手とリベンジマッチ。サッカー日本代表GK川島永嗣選手、東京オリンピックでの活躍が期待されるテニスダブルスの穂積絵莉選手など、アスリートの最強助っ人が入り、中居キャプテンも好プレー連発。奥原選手も焦るようなラリー連発の大接戦をみせる。

 番組史上初『フェンシング』では、ロンドンオリンピック銀メダリストの三宅諒選手と対決。チーム中居はキックボクシング世界王者那須川天心と霊長類最強女子・吉田沙保里が参戦して前代未聞の異種格闘技戦に。驚異の身体能力を披露し、剣を手にした中居のスーパープレーにも注目だ。

 収録を終え中居は「勝敗は言えませんが、全体的に善戦したと思いますね。今まではチーム中居にタレントさんも多かったりしましたが、今回はバスケ以外アスリート対アスリートの勝負なので、ハラハラドキドキ、一方的な試合はなかったですし、自分の体も動いていたと思います。僕というよりもアスリートのみなさんの凄さがふんだんに出ていると思いますので、楽しみにしてもらえればと思います」と期待をあおる。

 そんななか、バスケ対決では後輩・深澤も参戦。「もちろんしゃべったこともなかったですし、顔見ても誰かわからなかったんですけど(笑)。深澤くん自身こういう番組に初めて携わったと思うんですけども、こういう番組であてる難しさ、こういうところで自身が輝く難しさを痛感したんじゃないかと思いますね(笑)」と先輩らしい一言。

 「本人は終わった後、しきりに謝っていましたね。『チャンスがあっても緊張してしまいました』と言ってました。かじってる程度や、ちょっと昔やっていた程度では(この番組)なかなか勝負できないんですよね。やっぱり戦うのがプロのアスリートですから。僕は基本的にパワハラでやってるわけですから(笑)」と冗談めかした。

 そんななか、東京オリンピックで注目する競技について「野球、ソフト、でも女子バスケの人たちがみんないい人たちで好きになってしまったので、やっぱり応援したくなってしまいますよね、今回戦った選手のみなさんは。フェンシングも三宅さん出てほしいし、バドミントンの奥原さんや穂積さんもね」と紹介。
 
 大好きな野球への金メダルには「結果はあとからついてくるものであって、個人的には『金メダル』とかあおりたくはないなと。日本中のファン全員がそこを目指して応援したいと思うでしょうから。プレーする人たちは今までの五輪と違って地元開催なので、パワーをもらえると思いますし、結果がすべてだと思ってやってほしいですけど、そんなに金メダルと背負わずやってほしいなと思いますね」とコメント。

 観戦する予定は「現場ではみられないでしょ。チケットがないと。さすがに東京五輪はチケットが一つもとれてないですからね。何とかしてねじ込むことを考えないと。何とか自分のチカラを駆使したいですけど」となにやら画策していた。