女優の浜辺美波が主演するテレビ朝日系土曜ナイトドラマ『アリバイ崩し承ります』(毎週土曜 後11:15~深0:05)の最終話が14日に放送され、番組平均視聴率が5.3%を獲得。全7話の平均は4.7%となり、同枠の『おっさんずラブ-in the sky-』全話平均4.6%を越えて歴代1位となった(視聴率はすべてビデオリサーチ調べ、関東地区)。

【写真】スタッフブログで公開された浜辺美波のオフショット

 同ドラマは、祖父の跡を継いで時計店を営む主人公・美谷時乃(浜辺)が1回5000円で“アリバイ崩しを承り”、プライド高きキャリア刑事・察時美幸(安田顕)との凸凹バディーで難事件に挑む本格謎解きミステリー。

 最終話では、河川敷で焼死体が見つかり、那野県警察本部刑事部捜査一課のボンボン刑事・渡海雄馬(成田凌)の父で衆議院議員の渡海一成(德光和夫)が疑いがかかる。遺体の死亡推定時刻の間、後援会の人たちを招待して開いたパーティーに終始出席していたという、鉄壁のアリバイ崩しに時乃が挑んだ。危険なので、もう二度とアリバイ崩しを頼まないと言っていた察時だったが、今後も時乃のお世話になりそうなエンディングだった。

 最終回を観たファンからは「続編もどうぞよろしくお願いします!!」「可愛すぎる時乃ちゃんとお別れするのは寂しい」と続編や映画化を熱望する声も相次いでいる。