5月2日から5日に東京ビッグサイトで開催予定の世界最大規模の同人誌即売会『コミックマーケット98』が15日、公式サイトで開催の見通しについて見解を表明。開始に向けて準備を進めているが、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため「中止または延期を含め、通常と同様に開催できないという判断をせざるを得ない可能性があります」と発表した。

【写真300枚超】『コミケ96』に参加した美女レイヤー

 コミックマーケット準備会の公式ツイッターは10日、「当落公開は明日3月11日です。サークルの皆さんは、余裕のある今晩の内に必要な設定をお願いします」とツイート。この時点では開催に向けて動いていた。

 しかしこの日、公式サイトで「2月26日・3月10日に出された政府による大規模イベントの自粛要請に関する今後の動向その他や、新たな関係各方面の指示・要請等」により、開催できない可能性を示唆した。

 サイトでは「その理念として、『同人誌を中心として、すべての表現者を受け入れ、継続することを目的とした表現の可能性を広げるための「場」である』ことを自らに課しています」と表明。今後に向けて「可能な限り開催に向けての努力を続けていきますので、参加者の皆さんのご理解をいただけますと幸いです」とし、方針・対応については引き続きサイトで発表される。

 コミックマーケットは例年8月と12月に開催されるが、今年は東京オリンピック・パラリンピックの開催で、会場の東京ビッグサイトが5月のGW明け以降から9月までの間使用不可になることから、繰り上げて実施されることになっていた。