女優・松下奈緒が主演、木村佳乃が共演を務めるフジテレビ系連続ドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』(毎週木曜 後10:00)が、19日に最終回を迎える。このほど、松下と木村がこれまでを振り返りながら、その見どころについて語った。日本のテレビドラマとして初めて腫瘍内科を舞台にし、腫瘍内科医の恩田心(松下)と消化器外科医の梶山薫(木村)として友情を築いてきた2人。松下は「すごく支えになりました。心として抱え込まなければいけないことが多いなかで、いつも変わらない佳乃さんが現場にいてくださるのはとてもありがたかったです」と“相棒”に信頼を寄せた。

【写真】『アライブ』のポスタービジュアルから松下奈緒、木村佳乃

 最終回で乳がん手術から5年目の検査で、がんの再発が判明した薫から、その告白を受けた心は、2人で乗り越えようと誓い合う。しかし、薫の病状は重く、手術は難しい。それでも薫は抗がん剤治療を受けながら、外科医としての仕事を続けたいと心に頼む。一方、心の国立がん医療センターへの移籍の話も期限を迎えようとしている。医師としての将来を思う阿久津(木下ほうか)にも決断を迫られるのだが、薫の件もあり、心は答えることができない。2人の女性医師、そしてそれぞれの医師たちに、変革と旅立ちのときが訪れようとしていた。

 ここまで心を演じてきた松下は「心として患者さんを診ていると刻々と患者さんを取り巻く状況が変化していることに気がつきます。『実際の医師のみなさんの仕事も、こういうことなのかな?』と、実感できる日々がありがたく、“恩田心”を演じることができてうれしく思っています。そのなかで、どんな状況でも仕事に対してブレてはいけない心を演じるのは難しくもありました。命と向き合う作品なので、患者さんに対しての言い方はこれで正しいのか?などを常に考えながら演じてきました」と試行錯誤を重ねてきた。

 一方、木村は「私は、放送が始まってから買い物に出かけた時などに『放送見ていますよ。実は私の親戚もがんを患っていて…』と、話しかけられたりすることが多くなりました。がんという病気がみなさんの身近にあり、『アライブ』が忠実に描いていることを実感できます」と反響を明かす。「台本も初見で読むと本当に“難しいな”と思うほど専門用語がちりばめられていて、制作者側の本気を感じていました。そう言った意味でも、演じがいのある骨太な作品に参加できて良かったです」と達成感をにじませる。

 困難を乗り越え、医師として、友人として、強く信頼しあえる関係となった心と薫。木村は「心も薫も波瀾万丈な人生を歩んでいると思います。薫は医療過誤の責任を感じてから人生が変わりましたし。薫が幸運なのは、いつも心先生が側で支えてくれることです。心と薫は前世では夫婦だったんじゃないかな?」と想像をめぐらすと、松下も「私もそう思います!いつの間にかお互いが必要になっているという関係性は夫婦みたいですよね。どちらかが弱っている時は、必ずどちらかが寄り添っていますから」と同意した。

 松下は「作品が人の生死と向き合うドラマなので、私のメンタルが弱っていくかもしれない…とクランクインする前に思っていました」と不安を抱えながら「実際に撮影が始まって、心を演じているとやはりつらいなと感じる時もありました。でも、その感情を抑えて、毎日お芝居を続けなくてはいけません。そんな時、佳乃さんに元気な『おはよー!』のあいさつをいただくと、『今日も佳乃さんがいてくれる!』と、すごく支えになりました」としみじみ。「今回コンビを組ませていただけて本当に良かったです!最終回目前にして改めて感じています(笑)」と重ねて感謝を述べた。