人気グループ・King & Princeの永瀬廉が主演を務める映画『弱虫ペダル』(8月14日公開)のティザービジュアルと特報が16日、解禁された。黒髪にオン眉、そして丸眼鏡姿で主人公・小野田坂道を再現。永瀬いわく「ここまで前髪を短くするのは、ジャニーズ事務所に入所して以来初めてで、実に15、6年ぶり」だという。

【動画】永瀬廉が爽やかに駆ける… 『弱虫ペダル』特報映像

 原作は、2008年に週刊少年チャンピオン(秋田書店)で連載スタート。“自転車競技部”の熱い青春ストーリーを描き、累計2500万部を突破している。永瀬演じるアニメ好きの坂道は、地元・千葉から秋葉原までママチャリで通うも、あることをきっかけに自転車競技部に入部。仲間のため、自分の限界や壁を越え、レースに勝利するための努力を覚えていく。

 永瀬にとって、ロードバイクと人気コミックスの実写映画主演は初挑戦。昨年の12月8日に開幕した『ジャニーズ・アイランド』公演や、年末の歌番組出演の合間に、自転車練習をスタートさせた。2回目の練習では40キロ近くを計測し、3回目の練習は山道の全力疾走にも取り組んだ。

 クランクイン初日、スタッフから「かわいい」「坂道そのものだね!」と絶賛され、安心したそう。映画の冒頭シーンが高校の入学式 ということもあり、青春の始まりを感じさせる桜並木と青い空、そして愛用のママチャリで坂を駆け上がる、爽やかなビジュアルとなっている。

 特報では、永瀬本人がナレーションを担当し「坂道くんの気持ちに入り込んでナレーションさせていただきました! 一人でも多くの皆さんにご覧いただきたいです!」とアピール。チームメイトでライバルの今泉俊輔(伊藤健太郎)や、自転車競技部のマネージャー・寒咲幹(橋本環奈)の姿も初解禁された。

 タイトルコールには、アニメ版で小野田坂道の声を務める声優・山下大輝を起用。アニメと実写映画の“W坂道”コラボを果たし「原作の1巻から描かれることがわかって、とてもうれしかったです。これを機にアニメと映画でコラボレーションし、もっと『弱虫ペダル』を盛り上げたいです!」とコメントを寄せている。