テレビ東京系で15日、日曜ビッグバラエティ『いつものゴハンを1から作る』(後7:54~9:54)が放送される。スーパーに行けばいつでも簡単に食材が手に入る時代。だが、あえて1から「いつものゴハン」を作ったらどうなるのか!? 真冬にそんな無謀な挑戦を試みた、前代未聞の食育バラエティー。MCはサンドウィッチマンが務める。ナレーションは大ヒット曲「パプリカ」で子どもたちに大人気のユニット・Foorinの新津ちせが担当する。

【写真】無事、大根を収穫した瞬間

 種まきは昨年11月。しかも場所は東京・お台場、目の前にフジテレビ社屋が見えるビルの屋上。スタッフ、出演者ともに農業経験ゼロ。専門家ですら「11月から野菜を育てるのは非常に厳しい」という中、全員が「育たないんじゃないか…」「番組になるのか…?」と不安なまま撮影をスタートさせた。挑戦するのは、お笑い芸人の四千頭身、尼神インター・渚、やさしいズ、わらふぢなるお、さらに、女優の田中道子。

 9人はホームセンターで、白菜、にんじん、大根、ブロッコリー、カブ…など18種の野菜の種や苗を買い、土作りからスタート。植えた後も、仕事の合間を縫って交代で水やり。ところが、海から吹き付ける風や、虫食いなど、トラブルが続出。専門家から農業の知恵やノウハウも学びながら、種まきから収穫までをドキュメント。たった114日間で野菜は育つのか? 「お台場の奇跡」は起こるのか!?

 さらに、収穫した野菜でどんな「ゴハン」を食べたいか、サンドウィッチマンに聞くと、カニやブリ、昆布といった食材まで獲りに行くことに。カニは北海道、ブリは三重県へ。さらにシイタケは、シイタケが苦手だという四千頭身・都築拓紀が、自宅で原木栽培にチャレンジした。

 笑いを忘れて無言で作業をしたり、楽屋で農業の本を開いたり…もやは、笑いの撮れ高より、野菜の採れ高の方が大事と、お笑い芸人らしからぬ姿をみせ、野菜への愛着も湧いてきて…。収穫できた生の野菜をそのまま頬張り、野菜のそのもののおいしさを再発見する感動的な場面も。

 最後は屋上農園で、とれたて食材を超一流料理人「賛否両論」の笠原将弘氏が調理。一体、どんな逸品ができ上がるのか。その味に全員が「うめー!」を連発。114日間の苦労も吹き飛んだ!?

■サンドウィッチマンのコメント
――収録終えていかがですか?
【伊達】久々にいい番組だったなと思いますね。なんか楽しかったね~。
【富澤】ちょっと感動しましたね。
【伊達】みんなよく頑張りましたね。そもそもお台場のビルの屋上で、我々が言った野菜たちができるとは思っていなかったので。できても葉野菜みたいなのが、ちょろちょろっとできるくらいなのかなと思ったら、びっくりするくらいのキャベツ、白菜、大根…野菜、すごいっすね。

――食べた感想は?
【伊達】おいしいんですよ、本当に素晴らしかったです。感動しました。(番組内で)早送りで、ずっと定点で、芽から葉が生えてきて、みたいな映像を見ると、「生きてんなー」って生命を感じましたね。やっぱり美味しく食べないといけないですね、すべての食べ物は。

――見どころは?
【伊達】本当に東京の大都会のビルの屋上でね、目の前がフジテレビがあるところで野菜ができるっていうね。海風にさらされながらも、芸人たちが一生懸命作った野菜、これを最終的に料理して食べるというのが、本当に画期的な番組だと思います。ぜひ見ていただきたいですね。
【富澤】果たしてできるのか!?
【伊達】そうですね、…できました! カニもぶりも…
【富澤】獲れるのか!?
【伊達】獲れました!
【富澤】言っちゃいましたね。
【伊達】ぜひ見ていただきたいです。