俳優の奥野壮(O-AOX)、佐藤流司、吉田仁人(M!LK)、濱正悟、濱尾ノリタカ、一ノ瀬竜、忍成修吾が4月2日スタートの『ピーナッツバターサンドウィッチ』(MBS、テレビ神奈川ほか)に“婚活男子”として出演することが14日、発表された。堀田茜、瀧本美織、筧美和子、Niki演じる“婚活女子”の相手役となる“婚活男子”として出演する。

【画像】原作者・ミツコ氏のイラストコメント

 女優・矢作穂香、俳優の伊藤健太郎が主演する同ドラマは女性ファッション誌『with』ならではの読者アンケートをもとに、婚活世代の女子達のリアルな声を反映して描かれた漫画を実写化。『with online』で掲載が開始されてから、働く女性、恋に悩む女性に共感の嵐を起こした。婚活のあるあるや痛みもそのまま詰め込んだ共感度満点な内容が、大きな反響を呼び、驚異の1億PVを突破した話題の婚活漫画となっている。

 物語は、過去の不倫経験から“普通”に執着するバリキャリOLの沙代(堀田)。長年付き合った彼となかなか次の段階に進めない看護師の美晴(瀧本)。流されやすくいつもセフレ止まりな信用金庫勤務の美和(筧)。プライドの高さから玉の輿しかありえない社長秘書の茜(Niki)。

 そんな女性たちと出会う男性キャストは、美晴がマッチングアプリを通じて出会う年下イケメンの時田役に奥野壮(O-AOX)。美晴が6年同せいをしているが、一向にプロポーズの気配がない涼太役に佐藤流司。美和を都合よく呼び出しては体を重ねる慎役に吉田仁人(M!LK)。沙代の後輩で、恋愛対象外の男子・青木役に濱正悟。社長秘書の茜の取引先相手で、体育会系男子の五十嵐役に濱尾ノリタカ。茜が度々デートをしている、すべてが完璧な外資系男子・津田役に一ノ瀬竜。そして、沙代の憧れの先輩・笹山役に忍成修吾。異なった恋愛観を持つ婚活女子4人と、彼女達を取り囲む婚活男子達が織りなす、恋愛模様が描かれる。

 ドラマ版では、婚活女子の恋愛模様の合間に、PBSによるデータからみた恋愛解説(例えばワンナイトラブから付き合える確立は通常何%、20代で結婚に不安をもつ女性は何%など)や、スタジオトークのような談義が挟まる試みとなっており、ラブストーリーとスタジオトークがサンドされた恋愛バラエティ型の新感覚・ラブコメディとなっている。

 同ドラマは、ドラマ特区枠で4月2日(テレビ神奈川は後11:00~、MBSは深0:59~)より放送スタート。関東ではチバテレ(4月3日~)、テレ玉(4月8日~)、とちテレ(4月9日~)、群馬テレビ(4月9日~)での放送も決定している。

■男性キャストコメント

奥野壮
「4人の素敵な女性が恋に仕事に、悩んだり、ときめいたりする甘くてちょっぴりほろ苦いストーリーは多くの方に共感、応援していただけるのではないかと思っています。時田ならではの純粋に好きな人を想う気持ちをPBSと共に見守っていただけたらうれしいです。必ず皆さんに楽しんでもらえる作品になっておりますので、ぜひ放送をお楽しみにしてください」

佐藤流司
「私、普段は(2.5次元舞台で)刀を振ったり、歌ったり、踊ったりする事が多く、こういった普通に生活する等身大の男性を演じるということに対し、改めて難しさ、そして演じることの楽しさを感じております。感情移入しやすい人物かと思いますので、ぜひ涼太の視点でも物語を楽しんでいただければと思います」

吉田仁人
「慎くんは、本当どうしようもないやつだなぁ…というのが初めの印象でした。その印象は最後まで変わらないのですが、それが観ている方にどうしたら伝わるのかを、監督と一緒に模索しながら撮影させていただく事ができました。ぜひ、観ているみなさんは慎には共感せず、美和ちゃんを全力で応援してください」

濱正悟
「後輩キャラは初めてなので全力で楽しんで、精一杯大切に演じていきたいと思います!  また、スミスさん、椿本監督をはじめドラマ特区『コーヒー&バニラ』でお世話になった方たちと再びご一緒できることをとてもうれしく思います! ぜひ、楽しみにしていてください!」

濱尾ノリタカ
「原作を読ませていただいたとき、最初に五十嵐から感じたのは純真無垢な優しさや誠実さです。そんな五十嵐を演じさせていただけてとてもうれしいです。五十嵐の恋模様を通して皆様が今すぐにでも恋愛したくなるようなホットでピュアな気持ちをお届けできるよう頑張ります!」

一ノ瀬竜
「全て完璧な外資系男子という今までやったことのない役でとても新鮮でした! 自分と離れてる人物だったので演じていて楽しかったです。ぜひ、いつもと違う一ノ瀬をお楽しみください!!笑」

忍足修吾
「僕が演じる笹山は、ほど良く肩の力の抜けた等身大の人物かなと思っています。そしてスペシャリストというよりはゼネラリスト。そこが若い子には魅力的に映るようなイメージでしょうか。僕自身、結婚願望はありますが、まだ婚活は身近なものではないかも知れません。でもいつ来るかもしれない時のために、PBSの中で勉強しておこうと思います」