女優の清野菜名と俳優の横浜流星がW主演を務める読売テレビ・日本テレビ系連続ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』(毎週日曜 後10:30)が、15日に最終回を迎える。清野演じる世の中のグレーゾーンにシロクロつける謎の存在“ミスパンダ”と、横浜演じる彼女を操ってミスパンダに仕立て上げる“飼育員さん”の最凶バディに待ち受ける結末とは。

【場面ショット】パンダに加えカラフルな”動物”たちも登場

 自分の父がなぜ殺害されたのか、謎を明らかにして復讐をするために、生きてきた直輝(横浜)。復讐をとげようとする直輝に、リコ(清野)は「復讐なんかやめて、自分の人生を生きたら」と言い、さらに父の哲也も殺害される前に撮影した動画で「復讐はするな。自分の人生を楽しんでほしい」とメッセージを残していた。しかし、直輝は人生をかけて復讐を誓っていたため、リコや父の言葉を受け止められず、復讐を果たしてしまう。

 しかし、直輝の復讐の刃の最後の一振りを受け止めたのは、リコ。「復讐なんてやめなって言ったじゃん…」といって倒れたリコは一命はとりとめるが…。リコの看病を続ける中、直輝は、佐島(佐藤二朗)や神代(要潤)、春男(升毅)に会うが、さらに直輝の苦悩は深まっていってしまう。直輝の苦悩が限界に達しようとしたとき、ミスパンダらしき人物による配信が始まる。いったい、なんのために、誰が行う配信なのか。レンとリコは、どうなるのか? そして、ミスパンダはどうなるのか? そして、直輝がつける決着とは。