女優の篠原涼子が、主演する4月15日スタートの日本テレビ系連続ドラマ『ハケンの品格』(毎週水曜 後10:00)で、主人公・大前春子として13年ぶりのフラメンコ姿を披露する。このほど、フラメンコシーンが初公開された。

【写真】新キャストに杉野遥亮、山本舞香ら決定

 篠原演じる春子は、いくつもの資格を持ち、どんな業務でも淡々かつ最速でこなし、残業や会社の空気を一切読まず、派遣期間が過ぎると颯爽と姿を消す、特Aクラスのスーパー派遣。そんないつもクールな春子だが、オフの顔は一人の女性。そんな春子の“ギャップ”ともいえるのがこのフラメンコだ。

 13年前と変わらないプロポーション、そして情熱的な踊りに、撮影に集まったスペイン人のエキストラから大きな歓声と拍手が巻き起こった。平成から令和へ、働き方も変化する現代。春子がみせる活躍と合わせ、変わらぬフラメンコシーンにも注目だ。