人気グループ・NEWSの小山慶一郎と中丸雄一がMCを務める14日放送のフジテレビ系バラエティー『おたすけJAPAN』(後9:00)では、放送日当日に朝日新聞関東版の朝刊1ページにMC2人によるグラフィック広告が掲載されることがわかった。

<第3弾では…>丸山桂里奈が凶暴ワニを捕獲

 海外からのSOSを日本が世界に誇る技術と知恵を使って解決していく同番組では毎回、MC2人による“衝撃のポスター”を掲出。広告の写真は、トラブルに立ち向かい困難を乗り越えようとしたため、ところどころ破れてしまった白シャツという、出で立ちが恒例となっている。

 今回はそれだけでなく、第4弾の放送が決定したことが発表された際の小山による「日本の繊細な技術が海外でどう発揮されるのか、この番組を見ていただけたら、日本人としての誇りをより感じていただけるのではないかと思います。こちらが一方的に助けるのではなく、お互いが助け合う事で生まれる最高の笑顔をぜひ見てください」とのコメントにちなみ、トラブルの中で人と人が支え合い、助け合う姿をアピールすべく、今回の広告では“人”の文字のポージングをみせる。

 さらに番組放送内では、中丸が「丸2日かけて描きました」と言う紙芝居が披露。アメリカからの「最強の“開かずの金庫室”を開けてほしい!」というSOSの“おたすけ”のため、“おたすけサポーター”のジャニーズWEST・濱田崇裕と日本一の鍵開け師が向かった場所には、なんとアメリカ先住民族の呪いがあると言い、どんな恐ろしい呪いなのか、中丸が手作りの紙芝居で分かりやすく説明をすることに。そのクオリティーに、小山を含めてスタジオからは「めっちゃうまい!」と拍手が。こちらの中丸の手製の“ビジュアル”にも注目だ。