DCコミックスのスーパーヴィラン、ハーレイ・クインが主人公の映画『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』(3月20日公開)の本編より、前代未聞のローラースケート・アクションシーンが解禁された。

【動画】超絶ローラースケート・アクション解禁

 ヴィラン史上最高にかわいく、セクシーでクレイジーなのにめちゃめちゃキュートな“悪カワ”として高い人気を誇る<悪のカリスマ>ジョーカーの元恋人=ハーレイ・クイン。ハリウッドで最も輝く女優のマーゴット・ロビーが演じるハーレイが、スクリーン所狭しとノリノリで動きまわる危険度MAXのクレイジーアクションが見どころで、2月7日に公開された全米では、初登場1位を記録した。

 公開された映像には、宿敵ブラックマスクにさらわれた少女カサンドラ・ケインを救出すべく、ハーレイが前代未聞のローラースケート・アクションを繰り広げる一部始終が映し出される。ハーレイの仲間 “バーズ”の1人ハントレスのバイクに引っ張られながら、ローラースケートで疾走するハーレイ。ブラックマスクの手下たちの車に背後から近づくと、華麗なジャンプで飛び移り、縦横無尽に暴れまくる。

 4対1という圧倒的不利な状況の中、次々と敵を蹴散らすハーレイ。意表を突くようなハーレイの攻撃に、手も足も出ない手下たち。ハーレイのキュートさだけではない、トリッキーでアクロバティックなアクションを堪能することができる。

 その戦闘スタイルは、予測不能な動きで相手を翻ろうし、確実に止めを刺す。虚をつかれた相手は状況もわからぬまま、ただ地面に倒れ込むしかないのだ。この元体操選手で精神科医でもあったハーレイらしいアクションに関して、役を演じたマーゴットは「観客が初めて見るようなアクションを目指したので、とても難しかったです。でも私たちは自由に発想し、楽しんでアクションを作っていけたと思います。車の周囲でスケートした後に、その車の屋根にバク転で乗るとかね。ハーレイ・クインならそんなこともできるんです」と、強いこだわりがあったことを語っている。

 そしてハーレイが戦う“理由”にも注目。ゴッサムシティを混乱に陥れるヴィランだった彼女が、本作では図らずもスリの天才少女カサンドラを救う羽目に。当初は自らの命を守るためにイヤイヤながら行動を共にしていたが、次第に2人の間には“絆”が生まれていく。天真爛漫で自由なハーレイと、12歳の少女なのにちょっとスレて大人びているカサンドラとのやり取りは、作品に大きなユーモアを与えている。

 マーゴットは、「カサンドラは、“バーズ”たちを1つに集め、またゴッサム中のワル、特にブラックマスクも引き付ける。あらゆる力を一緒に引き付ける中心なのです。だから必然的に誰もが衝突して、大騒動が起きるんです!」と、カサンドラが重要な役割を担っていることを明かす。

 モラルのない天真爛漫な暴れぶりが街中の悪党たちの恨みを買うなか、謎のダイヤを盗んだ少女を守るため、悪を牛耳る残忍でサイコな敵ブラックマスクと全面対決することになるハーレイ。ヴィランだけの世界で、予測不能のクレイジー・バトルを繰り広げる。