人気漫画『ハイキュー!!』の原画展『ハイキュー!!展』が、夏に宮城・TFUギャラリーミニモリ、冬に東京・ヒカリエホールで開催されることが発表された。宮城では2年ぶり、東京では初の開催となり、作者・古舘春一氏の直筆原稿、新たに描き下ろされたカラーイラストの展示、展覧会オリジナルグッズの販売も行われる。

【画像】作者・古舘春一氏からのコメント付きイラスト

 連載8周年を迎えての今回の開催に古舘氏は「いつも読んでくださる皆さんのおかげです。ありがとうございます」と感謝し「漫画の方は最終章盛り上げてまいりますので、8周年の企画共々最後までお付き合い頂けたらうれしいです!!」とイラストとともに直筆コメントを寄せた。

 8周年記念の一環として開催されるが、きょう16日発売の同誌16号では、「ベストオーダー投票企画の開催」「ガイドブックの制作開始」「描き下ろしイラストを収録した画集計画の指導」「V.LEAGUEとのコラボ」など、さまざまな企画を実施することが発表された。また、同作のコミックス第1~28巻デジタル版を4月5日までの期間限定で無料公開した。(漫画アプリ『少年ジャンプ+』、総合電子書店『ゼブラック』)

 同作は『週刊少年ジャンプ』で2012年より連載中の高校バレーボールを題材としたもので、宮城県を舞台に県立烏野高校バレーボール部に所属する主人公・日向翔陽が、かつての同バレーボール部の大エース「小さな巨人」を目指し、「コート上の王様」と呼ばれる天才セッターの影山飛雄ら仲間とともに切磋琢磨し、成長する姿を描いた物語。

 高校生たちのバレーボールに懸ける熱い青春ドラマが人気となり、テレビアニメが14年に第1期、15年に第2期、16年に第3期、今年1月より放送中の第4期が放送。コミックスは42巻まででシリーズ累計3700万部を突破している。