きょう14日に芸能界を卒業するグラビアアイドルの川崎あや(29)が都内で『引退式』を行った。イベント前の“最後の取材”に「オーダーメイドのウェディングドレス」で登場すると「ようやく実感が沸いてきて、いよいよこの時だと…」と感慨深げ。それでも「(グラビア界の)テッペンは獲れたのか疑問だけど、自分なりに出し切ったので悔いはない!」と晴れやかな表情を浮かべた。

【全身ショット】鮮やかなブルーのロングドレスで登場した川崎あや

 「ミスFLASH2016」グランプリを獲得した川崎は、SUPER GT300のレースクイーンとしても活躍。身長167・バスト80・ウエスト52・ヒップ88センチという細いだけではないメリハリボディを誇り、刺激たっぷりなハイレグ水着にも挑戦するなど、一気にブレイクした。

 かねてより「グラビアがゴール」と語り、“グラビアアイドル”としての芸能人生を全うした。今後について聞かれると「どうするんだろう~」と首を傾げ「スーパーニートです。しばらくは働かず、ゆっくり過ごしたい。体型も何も考えない。筋トレもせず、好きな時間に好きなだけ食べたい」と笑った。

 また、恋愛の話題に移ると「5年前くらいのインタビューで『東京オリンピックまでには結婚!』と話していた。それはかないそうにないので、東京の次のオリンピックでかなえたい」と願望をチラリ。最後は「5年間、ありがとうございました! 後輩たちをよろしくお願いします!」と笑顔で取材を締めていた。