ガンダムファンの間で3月9日は、39(ザク)の語呂合わせで「ザクの日」と呼ばれ親しまれている。今年も、Twitterでは自慢のガンプラ作品に「#ザクの日」をつけて投稿する人が続出し、大いに盛り上がっていた。そこで今回、愛する旧ザクのジオラマでフォロワーを沸かせたピロセピロシ(@archidelic02)氏にインタビューを実施。「創造性を掻き立てられる」と語る“量産型”の魅力について聞いた。

【写真】“ザク愛”イッパイのザク、ザク、ザク…漢(オトコ)が惚れるザクを一挙見せ

■量産型だからこそ「ワンオフの機体」への“欲”が生まれる

――ガンダムシリーズでお気に入りは?

【ピロセピロシ】実は、きちんと見たのはファーストだけです。表面上はロボットアニメの様式でしたが、「戦争」という状況の中、人間を端役に至るまで細かく描いていて、様々なドラマがあったと思います。

――好きなキャラやシーンを教えてください。

【ピロセピロシ】人間としてはカイが好きです。回を通してキャラクターが変化(成長)していく様に共感しました。好きなシーンは、富野由悠季監督が脚本を担当した第14話「時間よ、止まれ」の終盤、爆弾を解除したアムロに青年団に扮したジオン兵が「これからも頑張れよ大将!」と声をかけるシーンです。そして、それを見ていたブライトが「連中だな、仕掛けたのは」とジオン兵であることを見破るのもたまりません。劇場版ではカットされたエピソードですが、厚みのある物語だと思います。

――では、ガンプラにハマったきっかけというのは?

【ピロセピロシ】元々はロボットやSFが大好きなのですが、ファーストガンダムに登場した「量産型」という概念は凄く新鮮でしたし、それをガンプラで再現できるのは嬉しかったですね。ザクやジムは量産機であるからこそバリエーションが豊富で、そういった意味で“ワンオフの機体を作りたい”という欲望が、私を含めモデラーの中で生まれたんだと思います。

――ザクへの思い入れが強いんですね。

【ピロセピロシ】「量産型」の代名詞ですし、大河原邦男さんのデザインも秀逸で美しいと思います。それなのに、手を加える余地も残っていて創造性を掻き立てられます。

――ピロセさんにとってザクの名場面といえば?

【ピロセピロシ】ファーストガンダムの第3話「敵の補給艦を叩け!」に登場する旧ザクの活躍です。「旧型」という言葉の響きと、丸腰でガンダムに立ち向かうシーンは最高にカッコいいです。でも、搭乗しているガデム曹長は「このザクとてワシと百戦錬磨の戦いの中をくぐり抜けてきたのだ。にわか作りの連邦軍のモビルスーツ(MS)、一撃で倒してみせるわ!」という勇ましいセリフを吐きますが、連邦軍の新型MSであるガンダムにあっさりとやられます。この、“精神論”とか生半可な“操縦技術”ではMSのスペックの差をひっくり返せないという部分に、ファーストガンダムが描く“戦争のシビアさ”を感じました。

■「ガンプラ」はモデラー達が“永遠”に表現を繰り返す刺激的なモチーフ

――思い入れのある機体として旧ザクの話をされましたが、本ジオラマのメインをはっているのは旧ザクです。作品名はありますか?

【ピロセピロシ】「buddy」です。これは、ジャブロー基地降下作戦に参加した名も無き戦士の情景です。旧型を愛する老兵と腕の立つ新兵の死闘の瞬間を制作しました。

――本作で一番表現したかったものは?

【ピロセピロシ】多くを説明しなくても作品から様々な事が読み取れるリアリティです。

――リアリティを出すためにこだわった部分はどこでしょうか。

【ピロセピロシ】現用兵器のイメージでディテールを加えてリアリティのある機体を目指しました。また、ジオラマは広大な南米湿地帯を切り抜いたようなレイアウトとし、波打つ水の表現は戦場の緊張感と躍動感が伝わる様にとこだわって作りました。

――ピロセさんのこだわりと高い技術力が伝わってきます。ガンプラ制作で、技術的な「壁」を感じたのはどんな時ですか?

【ピロセピロシ】ガンプラに限らず、“新しい表現”を生み出す際は必ず「壁」があると思います。技術的な意味では日々勉強です(笑)。

――ガンプラ制作でカタルシスを感じる瞬間というのは?

【ピロセピロシ】少年期に見ていたアニメなので脳内には様々なイメージがあります。思い出のシーンや、妄想して膨らませたストーリーを模型として形にしたとき「これが見たかったんだ!」と自分自身で納得できた瞬間ですね。

――では、今後作ってみたいガンプラ作品は?

【ピロセピロシ】水中用MSは未経験なので、ゴッグを現用の潜水艦をモチーフにして作り込み、上陸するシーンを作ってみたいです。

――ピロセさんにとってガンプラとは?

【ピロセピロシ】完成形を持たないキャラクターとして、永遠に様々な解釈、表現を繰り返す刺激的なモチーフだと思います。

(C)創通・サンライズ