俳優の工藤阿須加が3月31日に放送されるカンテレ・フジテレビ系スペシャルドラマ『あと3回、君に会える』(後9:30)にキッチンカーのクールなイケメンシェフ・澤村洸二役で出演する。工藤は「一期一会という言葉があるように、日頃僕らが当たり前に生活している中で忘れがちなことや、大切なメッセージが込められている物語だと思いました」と呼びかける。

【場面カット】手が触れてドキッ!『あと3回、君に会える』に出演する山本美月、眞栄田郷敦

 主人公・玉木楓(山本美月)と征史郎(眞栄田郷敦)の「大切な人との時間の尊さ」というテーマを軸に繰り広げていく、淡く切ない恋愛物語で、別れと出会いの季節にぴったりの、ちょっぴり切ないラブストーリー。工藤は映像制作会社のディレクター・楓が密着することになったキッチンカーのクールなイケメンシェフの澤村役を務める。

作品の感想について工藤は「最初に台本を読んだときは、若者たちのリアルな恋愛観が映し出されているなと思いました。若者たちの人間関係のおもしろさやファンタジーな要素もあります。一期一会という言葉があるように、日ごろ僕らが当たり前に生活している中で忘れがちなことや、大切なメッセージが込められている物語だと思いました」と回答した。

 また、地上波放送後には動画配信サービスU-NEXTで独占配信されるもう1つのドラマ『U-NEXT presents 君と会えた10(じゅう)+(と)3回(さんかい)』は、征史郎目線で描かれており、地上波×配信の組み合わせで、1つの物語の視点を切り替えて描く。この取り組みについて工藤は「女性も男性も、どちらの目線から見ても楽しめるドラマになっていると思います。ファンタジー要素もあって新感覚のドラマを見ているような気持ちになれるのではないでしょうか」と語った。

 役については「最近はあまり料理をしていなかったのですが、昔は肉じゃがを作ったり、キャンプで簡単な料理は作ったりはしていましたね」とサラッと答えつつも、台本でも“クールなイケメンシェフ””エロスだだ漏れ”という表現があるキャラクターについては「クールなイケメンシェフ、エロスだだ漏れ…、ワードが強すぎて『僕にそれを求めます!?』と思ったのですが、求めてくださるのであれば、1人の人間としての澤村を演じられるように頑張りたいです」と笑顔を浮かべた。

 さらに「ラブストーリーと聞くと、一方的に好きとか、ライバルが現れるなどのイメージが大きいと思うのですが、このドラマはソワソワするというか、見ていてこの先どうなっていくんだろうという応援する気持ちと、征史郎か澤村かみたいな瞬間もあると思います」と、楓を取り巻く恋模様が、三角関係に発展していくことをにおわせた。

 共演する山本と眞栄田の印象については「山本さんとは同じ年で、共演は2回目なので、クランクインしてみて、いい感じで進められそうな予感がしました。眞栄田さんは、今回初めてなのですが、すごく落ち着いていて、全体が見えている人だなと思いました。いろんな話しができればうれしいです」とする。ドラマのタイトルにちなみ、大切な人と「あと3回しか会えない」と分かってしまったらどうするかと尋ねると「僕だったらその3回をより大切に過ごしますね。そして、もしかしたらまた会えるかもしれないと思いたいですね」と語った。

 ドラマを通して伝えたいメッセージについては「偶然の出会いはなくて、すべての出会いは必然だと僕は思っていますし、少しでも携わったなら、その出会いを大切にすべきだなと思っています」と呼びかけた。

 工藤のほかにも新たなキャストが決定。楓の会社の後輩でアシスタントディレクターの河合花役には、古川琴音。マッチングアプリで出会い、楓とデートをする男性陣に眞島秀和、水間ロン。征史郎と出会う、不倫中のサラリーマン・小倉役には塚本高史。その妻役には酒井若菜(酒井は配信ドラマにのみ出演予定)が決定。さらに楓の父・和志役に光石研、楓の地元・岩手県の盛岡で弁当屋を営む楓の祖母・玉木ふじ子役には吉行和子が決定した。