絶対的センター・平手友梨奈(18)が1月に電撃脱退し、大きな転機を迎えている欅坂46初となるドキュメンタリー映画『僕たちの嘘と真実 Documentary of 欅坂46』(4月3日公開)の公開延期が12日発表された。新型コロナウイルス感染状況ならびに新型コロナウイルス感染症対策本部において示された方針、欅坂46の所属事務所の意向を受け、製作委員会で協議を重ねた結果、延期が決定した。

【動画】デビュー当時の貴重映像も…見どころ凝縮の映画予告編

 『僕たちの嘘と真実 DOCUMENTARY of 欅坂46』製作委員会、Seed & Flower LLC、東宝、Y&N Brothers、NHKエンタープライズは連名で「本作品を楽しみにされていたお客さまには誠に申し訳なく、心よりお詫び申し上げます」とし「また、欅坂46デビュー4周年を迎えるこのタイミングに、彼女たちの映像作品をお届けすることが出来ないことを大変心苦しく思っております。重ねてお詫び申し上げます」とコメント。

 「ファンの皆さま、映画・音楽などエンタテインメントを愛する皆さま及びご家族におかれましても、どうぞお体に気をつけて本作品をお待ちいただければ幸甚です。そして、欅坂46としても、作品としても、進化した形でお会いできるよう準備してまいります」と伝えた。

 変更後の公開日については、日程が決まり次第、映画公式サイトならびに欅坂46公式サイトなどで案内する。

 なお、3月13日より上映劇場で販売を予定していたメンバー生写真付きムビチケカードは発売を延期し、改めて上映劇場が決まり次第、映画公式サイトならびに欅坂46公式サイトにて案内する。

 また、すでににLoppi(ローソン・ミニストップ)で販売した同作の「ムビチケカード+日向坂46ドキュメンタリー映画『3年目のデビュー』映画前売鑑賞券+A1ポスター2種セット」の前売券は延期後もそのまま使用可能。Loppiで、3月13日発売開始予定のバンドル商品については、予定通り発売する。