女優の清野菜名と俳優の横浜流星がW主演する読売テレビ・日本テレビ系連続『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』(毎週日曜 後10:30)が、15日に最終回を迎える。世の中のグレーゾーンにシロクロつける謎の存在“ミスパンダ”(清野)と、彼女を操ってミスパンダに仕立て上げる“飼育員さん”(横浜)による“最凶バディ”の行方に注目が集まっているが、オンライン動画配信サービスHuluでオリジナルストーリー「シロでもクロでもない世界で、それでもパンダは笑わない。」を独占配信することが決定。最終回放送後に前編、22日の午前0時から後編が配信される。

【全身ショット】”ミスパンダ”姿でくびれを大胆披露する清野菜名

 第9話では、コアラ男と名乗る犯人が法務大臣・佐島源造(佐藤二朗)の娘・あずさ(白石聖)を誘拐した事件と、当時捜査にあたっていた直輝の父・森島哲也(田中圭)の殺害を実行した犯人と黒幕が判明。直輝は悲願の復讐を成し遂げるべく、黒幕の息の根を止めようとするも、誤って川田リコ(清野)を刺してしまうという“衝撃の展開”を迎えていた。

 清野と横浜も引き続き出演するHuluオリジナルストーリーで描かれるのは衝撃の最終回から5年が経ち、自らと向き合う直輝の“再生物語”。大学病院で医師として働いている直輝は、これまで出会ってきた人々と再会し、それぞれの思いを振り返ることに。そんな中、自らの気持ちとも正面から向き合った直輝は、そこにシロクロつける“ある大きな決断”をする。

 直輝の葛藤と驚くべき決断を描く最終回で、各々の人生にひとつの区切りをつけた直輝とレンのその後が気になって仕方がないという視聴者の心にもシロクロつけちゃうアナザーストーリーに仕上がっている。