2月11日に亡くなった野村克也さんの著作『野村ノート』が、週間0.7万部を売り上げ、「3/16付オリコン週間文庫ランキング」(集計期間:3月2日〜3月8日)で前週3/9付での17位から上昇し9位にランクイン。発売から約10年3ヶ月を経て、初のTOP10入りとなった。

【写真】若き日のノムさん&サッチー

 『野村ノート』 は、ヤクルトスワローズや阪神タイガースの監督として選手の育成やチームの改革を行い、また創立5年目の楽天イーグルスをクライマックスシリーズへと導くなど、指導力に定評のある野村さんが選手の育成・指導法をまとめた書籍として2005年に発行。管理者として部下を指導する際の心得が学べる1冊として、野球ファンだけでなく、多くの読者を惹きつけ、ビジネス書としてもヒットした。本作はその文庫版として2009年11月に発売された。

 なお今週の週間文庫ランキングは、伊坂幸太郎『AX アックス』が2週連続1位。今週3月15日より、実写ドラマがWOWOWでスタートする真山仁の『オペレーションZ』が初のTOP10入りとなる10位にランクイン。

※「オリコン週間"本”ランキング」は、「2008/4/7付」よりスタート