人気デュオ・KinKi Kidsの堂本光一が、13日放送のフジテレビ系『連続ドキュメンタリー RIDE ON TIME』(深0:55 ※3月13・20日は深1:15~)に出演する。昨年10月にスタートした同番組は、今月で最後を迎える。そのトリを飾る堂本は、舞台『Endless SHOCK』の主演として21歳から帝国劇場のステージに立ち、40歳を超えた今も身体を張った演出でその作品を守り続ける。20年という長きにわたり、この舞台で生きてきた者の強い信念を追った。前編後編の2週にわたって放送する。

【写真】日比谷シャンテ前では…ゴジラ像が赤布でフライングしているかのような“SHOCK”仕様に

 同舞台は、歌やダンス、フライングのほか、22段にも及ぶ“大階段落ち”などを盛り込んだミュージカル。ニューヨークの小劇場でショーに出演する若者たちが、ブロードウェイでの成功を夢見る姿を描いた物語になっている。堂本が演じるのは、カンパニーの中心となってショー作りにまい進する主人公。座長である本人さながらの役どころだ。

 2000年11月に『MILLENNIUM SHOCK』として帝国劇場で初演されて以来、進化を重ねてきた本作は、今年で上演20周年を迎えた。当初は、ジャニー喜多川さんが脚本と演出を手掛け、アクションやイリュージョンなど、次々と繰り広げられる派手な演出を重視していた。2005年から『Endless SHOCK』にタイトルを変更。堂本自身も演出、脚本に参加するようになり、恩師から演出を引き継いで意見をぶつけ合いながら作り上げてきた。それまでの派手な演出をストーリーの中に組み込み、登場人物の生き様として表現するようになったことで、作品は一層高く評価されるようになった。

 そして、20周年というメモリアルイヤーのライバル役キャストに、KAT-TUNの上田竜也が指名された。その他の共演者も半数以上が一新された今年の『Endless SHOCK』は、どのように作り上げられたのだろうか。堂本は「作品を愛してほしいんですよ。全員が『Endless SHOCK』を好きになってほしいんです。それが一番ですね。俺を見てくれって思ったことないです」と語る。

 舞台人としてのこだわりを、一つの作品にささげてきた20年。演者としてだけでなく作り手としても関わり続けた堂本がこのステージにかける思いとは。「カメラを向けられるのが嫌い。ドキュメンタリーみたいな素の自分を見せるのは恐怖がありますね」と語る堂本光一を『Endless SHOCK』を通して徹底的に紐(ひも)解いていく。