昨年4月にテレビ朝日に入社した初日に『羽鳥慎一 モーニングショー』でアナウンサーデビューした、斎藤ちはるアナの初冠番組『斎藤ちはる「学びのココロ」~ニッポン伝統探し旅~』が、CS「テレ朝チャンネル1」で29日(後10:00~深0:00)に放送される。内容は、「ニッポンの伝統」である華道・弓道・書道、3つの「道」の達人たちから「極意」=“ココロ”を学んでいく体験型旅番組。京都・東京でロケをしながら、「アイドルを辞めて、アナウンサーを選んだ」決断のウラにあった葛藤など、テレビ初告白のコメントも飛び出し、2年目の飛躍を期す“自分探しの旅”となった。

【写真】華道・弓道・書道に挑戦する斎藤ちはるアナ

 日本の歴史や伝統文化に興味があったという斎藤アナ。まずは京都で、華道=生け花の達人――昨年、創流100周年を迎えた「未生流笹岡」3代目家元笹岡隆甫氏を訪ねる。実は、斎藤アナの祖母は生け花をしており、幼少時代から花は身近な存在だったという。2016年に「G7伊勢志摩サミット」の会場装花を担当したほどの敏腕である笹岡氏にお手本を見せてもらいながら、斎藤アナは「そもそも華道とはどんな芸術なのか?」「唯一生き物に触れる伝統文化を継承した3代目家元の心境」「作品作りのコツ」などを聞いていく。その後、斎藤アナが生けた作品の出来栄えは?

 このインタビュー中、斎藤アナの口から語られたのは、「アイドルを辞めて、アナウンサーを選ぶというのは、結構な決断だった」ということ。

 「アイドルという仕事は若いうちしかできない、結婚するまでしかできないと…と、いろんな規制がある中でのお仕事だと思うのですが、アナウンサーは、結婚しても出産しても続けていける『一生続けられる』お仕事。私は、なかなか自分から前に出ていくのが苦手なタイプだったのですが、(乃木坂46在籍中は)それでも頑張って前に出ようと…でもそれが上手くできなくて葛藤していた時期もありました。

 逆にアナウンサーは、脇役というか、縁の下の力持ちで、その方がすごく性格的にあっているような気がしていて(笑)。そういう観点からアナウンサーと華道家は似ている職業に思えました。自分が主役ではなく、他の出演者が主役であり、情報が主役なので、いかに周りを引きたたせられるか、(あくまでも花が主役の)華道家とも相通じるものがあるなと感じました」

■『モーニングショー』では見せない表情も楽しんで

 続いて、東京に移動し、アイドル時代から所縁のある「乃木神社」からロケを再開。当時の思い出を語りながら、第2の道・弓道へ。高校時代に部活に入ろうかと悩んだことがあり、「ぜひ体験してみたい」と企画段階から本人もノリノリだった。

 訪れたのは、明治神宮内にあり、弓道の全国大会も開かれる「至誠館」。格式ある会場はまさに“聖地”と呼ばれる場所だ。ここでは、全日本弓道連盟の範士8段という腕前を持つ80歳の“弓道界の重鎮”飯島正大氏から“ココロ”を学ぶ。弓道は「心の格闘技」とも言われ、自分の内面が全てさらけ出てしまう競技。精神の不安定、集中力、気品や風格などが「十文字と矢の軌道」にあらわれる。“憧れ”だった人生初の弓道着に着替え、ピーンと張り詰めた板の上に立った斎藤アナは、何を学び得たのか?

 最後は、第3の道・書道。斎藤アナは書道経験があり、かなりの腕前を持っているが、今回の達人は、斎藤アナと同世代の女性で、いま書道界に旋風を巻き起こしている27歳の原愛梨氏。2歳から書道を始め、最年少の10歳で文部科学大臣賞を受賞するほどの実力者であり、「書道」と「絵」を組み合わせた「書道アート」を描く書道アーティストとして、現在大ブレイク中。「絵心」や「発想力」が問われ、その繊細な作風に、思わず固まる斎藤アナ。果たして、彼女からその「極意」を学び、作品を仕上げることができたのか?

 すべてのロケを終えた斎藤アナは「最初このお話を聞いたとき、『一社員の私の番組が!?』と驚きました。しかし、とてもうれしく、ありがたいことです!」と、感謝。「京都にまでロケに行って着物を着てずっと興味があった華道に挑戦したり、高校時代に部活に入ろうかと悩んでいた弓道に初挑戦したり、密かに好きだった書道の新ジャンルに挑戦したりしています。華道や弓道では私の深層心理が明らかにされてしまいました(笑)。そして書道では私のセンスが露呈され…大丈夫かなとちょっと心配です」と、ロケを振り返った。

 視聴者へは、「この番組はよる10時から放送ということで、皆さんにはリラックスしてご覧いただきたいです! のんびり、ゆるりと“和”に触れていただいて、朝の『モーニングショー』では見せない表情なども楽しんでいただけたら幸いです! 皆さまぜひご覧ください」と視聴を呼びかけていた。

 日本に受け継がれるさまざまな「道」を極めた達人たちから、その「極意」を学んだ斎藤アナは、入社2年目に突入し、自らの「アナウンサー道」を見据えることはできるのか?