10日に政府が大規模イベントの自粛要請期間を「10日間程度」延長したことを受け、東京ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランドは11日、休園期間の延期を発表。その後、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(大阪市)も休業の延長、サンリオピューロランド(東京・多摩市)とサンリオハーモニーランド(大分・速見郡日出町)の臨時休館を発表した。

【写真】休園の延長を発表している東京ディズニーランド&シー

 USJは、先月28日、政府に要請された方針に従い2月29日から3月15日まで臨時休園を決定していが、臨時休業を22日まで延長することを発表。「営業再開につきましては、今後の状況を鑑みながら慎重に判断し、再開日を変更する場合は改めてお知らせします」と報告。同パークにおいては10日に、今月20日にオープン予定だった『モンスターハンターワールド:アイスボーン XR WALK』について、開始日の延期を発表している。

 サンリオも、サンリオピューロランドとサンリオハーモニーランドの両館を先月22日から臨時休館していたが「行政当局のイベント自粛の要請と世の中の事情を鑑みて、3月20日まで臨時休館を延長させていただくことを決定いたしました」と報告。再開日は21日の予定だが「感染状況や行政当局からの情報など今後の状況を鑑みながら慎重に判断し、最新情報につきましては、当ホームページで改めてご案内いたします」とした。

 なお、東京ディズニーランドと東京ディズニーシーは再開日を4月上旬を予定。詳細は「あらためてお知らせいたします」としており、4月15日に予定していた東京ディズニーランド大規模開発エリアの開業は、5月中旬以降に延期することも報告している。