俳優の中村倫也が“一人7役”に挑戦する映画『水曜日が消えた』(5月15日公開)の主題歌が、「シャルル」などで知られるボカロP“バルーン”ことシンガー・ソングライターの須田景凪(すだけいな)が書き下ろした「Alba」に決定した。

【動画】須田景凪の主題歌入りの予告映像

 同作は、一人の人間の内側で、曜日ごとに入れ替わって暮らしている7人の“僕”が主人公。ほかの“曜日”とは、直接会うことはできず、日記を通してのみ間接的に互いを知っている。そのうちの最も地味でつまらない一人、通称“火曜日”の視点を通して描かれていく世界の物語。メガホンを取ったのは次の時代を担う気鋭の映像クリエイター100人を選出するプロジェクト「映像作家100人2019」に選ばれるなど注目を集める吉野耕平監督。

 あわせて解禁された主題歌付き予告映像では、主人公の“火曜日”の僕が初めて水曜日の朝を迎える様子が登場。図書館で瑞野(深川麻衣)と出会う場面が、ポップな音楽にあわせて描かれるが「火曜日だよな、そっち」と携帯電話の画面越しに別の曜日の僕から問いかけられると、主人公に降りかかる“謎”の場面が次々と並ぶ。最後は「僕が消えたらさ」というせりふとともに倒れ込むなど、火曜日の僕に何が起こっているのか、謎が深まる映像になっている。

 須田は「中村倫也さんが演じる、曜日ごとに性格が異なる主人公。彼の中ではごく当たり前な日常が、感傷的に、細部まで美しく描かれています」と見どころを語り、主題歌を作る上で意識したことについては「“百人百様の日々を肯定する楽曲にしたい”というテーマが自分の中にあり、ひとつずつ言葉を選んでいきました」と解説している。