サンリオは11日、国内外での新型コロナウイルス(COVID-19)の感染症拡大の防止のため、今月15日までだったサンリオピューロランド(東京・多摩市)とサンリオハーモニーランド(大分・速見郡日出町)の臨時休館を、今月20日まで延長することを公式サイトで発表した。

【ランキング表】昨年順位なども含めた『2019年サンリオキャラクター大賞』結果

 両館は先月22日から臨時休館していたが、「行政当局のイベント自粛の要請と世の中の事情を鑑みて、3月20日(金・祝)まで臨時休館を延長させていただくことを決定いたしました」と報告。再開日は21日の予定だが「感染状況や行政当局からの情報など今後の状況を鑑みながら慎重に判断し、最新情報につきましては、当ホームページで改めてご案内いたします」とした。

 臨時休館中のイベントチケットについては払い戻し対応を行う。手続方法は公式サイトで随時情報を掲載予定。「急なご案内となりご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解・ご協力、賜りますようお願い申し上げます。事態の沈静化、皆さまのご安全を心よりお祈りいたします」と呼びかけている。

 新型コロナウイルスの感染拡大をめぐっては、政府が10日に大規模イベントの自粛要請期間を「10日間程度」延長したことを受け、東京ディズニーランド、東京ディズニーシー、USJなどが休園期間の延長を発表している。