『トイ・ストーリー4』に続くディズニー/ピクサーの最新作『2分の1の魔法』(近日公開)の日本語版吹替で、お笑いコンビ・ハリセンボンの近藤春菜が声優を担当することが発表された。

【動画】志尊淳&城田優の声が入った予告映像

 『トイ・ストーリー』のおもちゃの世界、『モンスターズ・インク』のモンスターの世界、『ファインディング・ニモ』の海の中の世界など、イマジネーションあふれる“もしも”の世界で物語をつむいできたピクサー・アニメーションが新たに描く舞台は“かつて神秘的な魔法があふれていた”世界。

 日本語版吹替では、内気な少年・イアンを志尊淳、陽気な兄・バーリーを城田優が担当。イアンが生まれる前に亡くなってしまった父に会うために、兄弟が父を蘇らせる魔法を探す旅に出かける物語が描かれる。

 近藤が演じるのは、兄弟を愛する優しい母・ローレル。働き者でユーモアあふれた性格で、夫を亡くしてからは女手ひとつで愛する息子たちを育てている。魔法を探す旅に出た2人を追い、家族を守るために立ち向かう姿もあり、物語に深く関わる重要なキャラクター。

 近藤は「誰よりもローレルに似ていると思っていたので、自分がやりたいという気持ちがありました」と抜てきに喜び。「2人が演じる兄弟のお母さん役を演じ、家族の一員になれたことがうれしかったです。相手を思いやる2人の絆に“無償の愛”を感じたし、すてきな家族だなと胸を打たれました」と本作への愛も語っている。

 さらに、イアンとバーリーに重要な役割を果たす勇敢な女性・マンティコア役に浦嶋りんこ、不気味な質屋の店主・グレックリン役に新谷真弓、父の大学時代の友人・ガクストン役に丸山壮史、フェンウィック役を立木文彦がそれぞれ担当することも発表になった。