3月14日はホワイトデー。バレンタインのお返しの品を贈る日として日本では定着している。現在はあげる物も人もフランクな雰囲気に変わってきてはいるが、やはり意中の女性に思いを伝える絶好のタイミングとして機能している。ORICON NEWSでは毎年恒例の『恋人にしたい女性有名人ランキング』を発表。その結果、4年連続で女優の【新垣結衣】が1位に輝き、殿堂入りの5連覇に王手をかけた。

【ランキング表】順位の急上昇、圏外からのランクイン、初登場など変動が激しかった美女揃いのTOP10

■彼女にしたいNo.1 「ガッキースマイル」は不動の人気

 4連覇を達成した【新垣結衣】。2019年はドラマや映画での主だった活動はないが、7年ぶりのビジュアルブック『YUI ARAGAKI NYLON JAPAN ARCHIVE BOOK 2010-2019』を昨年12月に発売し話題に。最近では30代に入り、女優として大人の魅力も発揮しているが、CM等で見せるガッキースマイルはいまだ健在。「仕事で疲れて帰ってきても、笑顔で癒してくれそうだから」(大阪府/30代)と癒しを求める声が多数寄せられた。

 また、「世の中で1番可愛いと思うから」(神奈川県/20代)、「美しいのに性格もよさそう」(福岡県/50代)との意見も多く、幅広い世代から愛されているのが伺える。

 以前、『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)出演時には「休みの日は昼過ぎまで寝て、録画していたものや動画を観る」「友達と夜ご飯を食べに行ったりもする」などと話していた新垣。飾らない性格がバラエティ番組でも垣間見ることができ、女優として大成していても“いい意味で”芸能人っぽくなく親近感が沸く男性が多いのかもしれない。

■写真集も話題、幸せオーラあふれる笑顔に男性は虜

 ランキング常連で、常にTOP3に入っている【綾瀬はるか】が2位に。今年1月に発売された写真集『ハルカノイセカイ02』も好評であり、ヘルシーなボディと、おいしそうに食べる姿が好感を得ている。

 年明けには、昨年のヒットドラマ『義母と娘のブルース』(TBS系)のスペシャルも放送。新展開に注目も集めたが、そこで見せる母性もあってか、「明るくて天然でかわいくてきれいで、一緒に暮らしていて家庭が明るくなる」(埼玉県/30代)、「幸せオーラがある」(千葉県/30代)というコメントも見られた。

 バラエティ番組等で見せるおっとりとした性格からか、「笑顔や仕草に癒やされる」(奈良県/50代)と彼女から“癒やし”を感じる男性は多いようだ。
 

■小悪魔“ごんぎつね”に骨抜きにされた男性多数でTOP3入り 

 【吉岡里帆】は、昨年7位からの一躍TOP3入りを果たした。先日行われた「第43回日本アカデミー賞」では新人俳優賞を受賞した吉岡。「優しそう」(東京都/10代)、「癒されそうだから」(神奈川県/30代)という意見が多いが、役柄では時に妖艶な演技を見せることも。

 吉岡は、『日清のどん兵衛』のCMに星野源と出演中。きつね耳カチューシャに白いノースリーブのワンピース、尻尾をつけた吉岡の“どんぎつね”に男性は悶絶し、女性からは「あざとかわいい」との厳しい意見も。癒しと小悪魔感で虜にし、恋人になって惑わされたいと思う男性ファンを増やしている。

■圏外からの浮上も、昨年からランクアップした女優が多数

 全体的に昨年から順位を上げた人が多い今回のランキング。6位の【浜辺美波】は意外にも今回初めてのランクイン。今年8月に20歳となり、演じる役柄も少し大人っぽいものが増えてきた印象がある浜辺。「今一番かわいいと思う」(東京都/30代)と清純派の美少女としての人気が主ではあるが、バラエティ番組等で見せる天然風な発言と柔らかな雰囲気に、癒しを感じる男性が多いようだ。

 7位には、写真集が大ヒットを飾った【白石麻衣】が。白石は、昨年圏外から再び浮上。乃木坂46卒業で、「恋愛」の解禁を男性ファンが期待しての再ランクインか。また、「美貌ももちろんだが、料理好きなど家庭的な部分もありそうだから」(大阪府/20代)と、女優活動も本格化し、バラエティ等の露出も増え、アイドル時代よりもパーソナルな部分を見る機会が増えたことも要因といえそうだ。

 9位の【田中みな実】も初ランクイン。現在「美のカリスマ」としてバラエティ番組に引っ張りだこであり、女性ファンが急増している田中。しかし、局アナ時代から変わらず男性ウケは高く、「あざとかわいい」「ぶりっこ」に翻弄されるファンは継続して多い。「顔も体も完璧だし、小悪魔だから」(岐阜県/50代)と年上男性から多く支持されている。

 改めて振り返ってみると、例年より変動が激しかった本ランキング。順位の急上昇、圏外からのTOP10入り、初登場の傾向を見ると、SNSを重要なツールとして活用している女性たちが並ぶ。SNSはプライベート感が出る最強のツールであり、付き合った時の姿を想像しやすいのかもしれない。一方で、上位は不動ではあり“高嶺の花”的存在。どちらをとっても、もし恋人同士になったら…という妄想は膨らむばかりだ。

【調査概要】
調査時期:2020年2月26日(水)~3月2日(月)
調査対象:計500名(自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員10代、20代、30代、40代、50代の男性)
調査地域:全国
調査方法:インターネット調査
調査機関:オリコン・モニターリサーチ