俳優の伊藤健太郎がMCを務めるTBSで月に一度放送される11日放送の『ムビふぁぼ』(深1:28)では、4月24日公開の映画『糸』を特集。瀬々敬久監督をゲストに迎えるなか、一足先に映画を鑑賞したという伊藤は平成30年間の壮大な物語に感動した旨を熱弁。そんな伊藤は瀬々監督から「あなたも長い年月を演じているじゃないですか」と、出演中の朝ドラ『スカーレット』にかけた返しで、活躍ぶりを早速イジられる。

【全身ショット】綱渡りに成功してガッツポーズ!スパイダーマン姿が似合う伊藤健太郎

 同番組では声優の内田真礼と、伊藤がMCとして最新映画の魅力を掘り下げ、視聴者が「お気に入り=Favorite」の映画を見つけて、思わず劇場に足を運びたくなるような作品を紹介する情報発信型バラエティ。菅田将暉&小松菜奈がW主演する映画『糸』は中島みゆきの珠玉の名曲「糸」をモチーフにしたラブストーリーを描く。

 自身の映画人生を熱く、そしてチャーミングに語る瀬々監督に伊藤は「実は以前に一度お会いしたことがあって・・・」と切り出し、過去に瀬々監督の作品のオーディションを受けていたことを告白。「その時からすごく厳しい監督だと思っていて、今日もいらっしゃると聞いてずっと緊張していたんです。だけどお会いしてみたら・・・印象とまったく違いました!」とぶっちゃけた。

 そして、映画の内容にちなみ、“人と人を繋ぐ不思議な縁”について振り返ると、瀬々監督が「今回の撮影監督が僕のデビュー作のピンク映画も撮ってくれたカメラマンで。当時、その作品の撮影に使う漁船の・・・」と明かし始めれば、伊藤は「ちょっと待ってください! ピンク映画で漁船? どういうことですか!?」と興味津々。

 さらに伊藤が、ぜひ、瀬々監督とご一緒したいです!」と熱烈アプローチをすると、内田は「ここでご一緒したのも“縁”ですからね! まさに“糸”が繋がるチャンスかも・・・」と、まるで仲人のように瀬々監督と伊藤の間を取り持つ一幕も。すっかりイジられキャラが定着した伊藤と、そんな伊藤をイジリ倒す内田の軽妙なトークに注目だ。