新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、政府は2月28日、小中学校や高校などに春休みに入るまで臨時休校を要請。その報道直後から、家で過ごす子どものために児童書を買い求める親たちが、書店に多数訪れていると言う。書籍市場をけん引する「児童書」のジャンルだが、すでに昨年を上回るセールスの伸びを見せているようだ。

【画像】キャッシュレス時代にこそ教えたい…お金の価値を学べる『おかねのれんしゅうちょう』

■外出控えで増える子どもの読書 「児童書」市場はすでに前年同月上回る

 最新3月16日付の「オリコン週間BOOKランキング」 ジャンル別「児童書」(集計期間3月2日~3月8日)をみると、4位の『小学生なら知っておきたい教養366』(小学館)や、6位の『お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう』(学研プラス)、10位『おやくそくえほん』(日本図書センター)といった教養をテーマにした作品が散見される。

 中には、2009年刊行の『新型ウイルスのサバイバル 1』(朝日新聞出版)というタイトルも17位にランクイン。外出を控え、自宅で過ごす時間が増える子どもたちに向けて、読書をうながす親たちの心境がうかがえる。

「臨時休校発表当日から、お子様連れのお客様が増加し、児童書、学習参考書やコミックの販売部数が伸長しています」と話すのは、TSUTAYAの広報担当。

 また、30万部を突破するヒットとなっている『東大教授がおしえる やばい日本史』など、“楽しくてためになる”児童書に力を注ぐダイヤモンド社の宣伝プロモーション担当者は、「臨時休校発表当日から、すべての児童書の売り上げが急増している」と言い、「家庭で過ごすことが多くなる子どもの時間つぶしという需要はもちろん、学習機会が減ることにならないよう、ゲームやマンガではなく、少しでも知識になる本を読ませたいという親の願望があるのだと思います」と分析する。

 児童書市場動向をみると、2020年1月度が77.2億円で対前年同月比は104%、2月度が59.8億円で同112%(3/9付時点)。この調子だと、3月はさらに伸びることが見込まれる。

■教養本ヒット、背景に垣間見える「常識ある子ども」を願う親の心境

 児童書の上位にランクインしている『小学生なら知っておきたい教養366』(小学館)は、テレビでもおなじみの明治大学文学部教授の齋藤孝氏による小学生のための教養本。言葉、文学、世界、歴史、文化、芸術、自然と科学の7ジャンル・52テーマの教養を、毎日2分、クイズを楽しみながら身につけられるというものだ。

 また、『お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう』(学研プラス)は学研の頭脳開発シリーズの一冊。キャッシュレス時代を背景に、日常生活で買い物をする際、計算ができなかったり、小銭を使いこなせなかったりする小学生が増えていることを受けて、楽しくおかねの知識を身につけられる教材として、2017年刊行された。

 発行元の学研プラスの営業担当者によると、「休校要請以降にテレビで紹介されたことも影響してか、約120%増で売り上げが伸び、品切れ店も出ており、補充対応に追われている」と言う。

 未就学児対象の教養本としては『おやくそくえほん』(日本図書センター)が好調だ。小学校入学前後に身につけたい42の習慣を「おやくそく」として紹介しており、今年2月に刊行され、売り上げを伸ばしている。

 それら教養本の好調な売れ行きに「本を通じて教養を深めてほしいという親御さんの心境が感じられます」とTSUTAYAの広報担当者。休校要請以降、学習ドリルが異例の売れ行きとなっていることが全国各地のニュースで取り上げられたが、勉強だけでなく、たっぷり時間が与えられたこの機会に、教養や常識も身につけさせたいという親の思いが表れているということだろう。

 その願望を受け、TSUTAYAでは、より自宅で過ごす時間に読書を楽しみ、想像力、表現力を育む手助けになればと、好きな本を題材に、印象に残ったシーンを絵に描いて応募する「読書感想画コンクール」を3月13日より開催する。また、各書店も、入口付近に児童書を集めた特設コーナーを配するなど、様々な工夫で対応していることから、学研プラスでは、「店頭飾り付けTwitterコンクール」を実施中。自社のサイトにフリーでダウンロードできる飾り素材や、読者用のノベルティシールを用意するなどして、書店員が取り組みやすいようフォローしている。

■ヒット作の共通点は“親子で楽しめる”こと 子どもが自ら考えて学ぶ「アクティブラーニング」の傾向も

 ランキングにさまざまなテーマで教養を伝える児童書がそろう中、売れ行きが好調な作品を見てみると、ある共通点が見えてくる。「親子で楽しめる」ことと、子供が自ら考えて行動する「アクティブラーニング」という学習方法が活かされていることだ。

 例えば、『小学生なら知っておきたい教養366』は、52のテーマの中から自分の興味のあるページを読み、その後、大人にクイズを出し、解説をするという楽しみ方ができるし、『お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう』は、「親子で楽しく取り組める」をコンセプトに、「お買い物ごっこ」のように楽しくお金に親しむことで実践的な学びを定着できるよう工夫されている。

 さらに、『東大教授がおしえる やばい日本史』の売り上げが臨時休校発表当日に前日の約2倍に、翌日には約4倍まで伸びたことを受け、ダイヤモンド社は、「孫と一緒に過ごすための共通話題として、祖父母が歴史という自分が得意あるいは好きな分野の本を購入しているというケースが見受けられる」と分析。「コロナ疎開」なる言葉も登場したが、休校により、急に孫の面倒を見ることになった祖父母が増えたことも、売り上げアップに影響した様子だ。

 いずれにしても、単に本を「与える」のではなく、家で子どもと一緒に過ごす時間に本を「活用したい」と考える保護者が多いということだろう。

「児童書の中では、イラストや切り口を工夫して学びながら笑えるような、おもしろい学習本が売れています。弊社では子供と一緒に親も学び直しができるような本もおすすめしており、実際に書店からの注文も急増しています」(ダイヤモンド社 宣伝プロモーション部)

 政府の自粛要請や専門家会議の見解を踏まえ、休校期間を延長する学校も増加。想定外の休みが続くなかで、これからますますタメになる児童書への需要は高まると考えられる。さらに、休校の発表を受けて、集英社と小学館は、自社が発行する漫画誌のバックナンバーを無料配信している。外出が難しい子どもたちに楽しみを提供する読者支援の取り組みだが、うまくいけば作品のファンが増える可能性も秘めており、思わぬ商機に恵まれたともいえる。

 これらの賑わいが、長引く不況にあえいできた出版業界にどう影響していくか。経済が大きなダメージを受けている最中、春休みを終える3月いっぱいまで、これらのヒットはまだまだ続くことだろう。
(河上いつ子)