ドワンゴが11日、4月18日・19日に千葉・幕張メッセで開催予定だった「niconico」の大型イベント『ニコニコ超会議2020』・『闘会議2020』を中止することを発表した。あわせてリアルイベントに代わるネットイベント『ニコニコネット超会議2020』の開催を決定した。

【写真】池上彰氏が“新型コロナ”東京五輪の影響を分析

 今回の開催中止は「新型コロナウイルス感染症」の広がりに伴い、政府からのイベント自粛方針および、超会議に関わる来場者、関係者の安全を考慮して決めた。

 ドワンゴは「例年『ニコニコ超会議』『闘会議』はさまざま協賛・出展各社や、協力会社、クリエイター、多くのユーザーの力で成立していますが、これ以上イベント開催についての決断を遅らせることで、さまざまな関係者の方にご迷惑をおかけしてしまうことから、開催中止の判断とさせていただきました」と説明。、チケットや実施していたクラウドファンディングについて、すべてて払い戻し対応する。

 また、『ニコニコ超会議2020』の日程に新たに6日間を加え、4月12日~19日の計8日間にわたって『ニコニコネット超会議2020』と題した、リアルイベントに代わるネットイベントを開催する。

 ニコニコ超会議で人気の企画やインターネット上で話題になったコンテンツ、イベント自粛方針により中止になったさまざまなライブやエンターテインメントコンテンツを再現し、日本最大のインターネットの祭典を目指す。

 4月18日~19日は幕張メッセ・イベントホールから、イベントの一番の見どころである伝統芸能と歌舞伎と最新技術が融合した「超歌舞伎 Supported by NTT」、最新の技術を用いたバーチャルキャラクターによる音楽ライブ「VTuber Fes Japan」「VOCALOID Fes」を生放送。開催内容の詳細は、今月下旬のニコニコ生放送で発表する。

 今回の決定に夏野剛社長は「『ニコニコ超会議』と『闘会議』の中止に伴い、お客様、関係者のみなさまには大変ご迷惑をおかけいたします。よりパワーアップした超会議を成功させるべく、ユーザーのみなさまや関係各社のみなさまと一緒にきょうまで奮闘してきたため、みなさまの安全を最優先に考え中止にしましたが、苦渋の決断でした」と経緯を説明。

 「しかしこんな時だからこそピンチをチャンスに変え、ネットの力を集結させて、日本最大のインターネットの祭典として『ニコニコネット超会議』を開催します。またとてもうれしいことに、超特別協賛のNTT様から引き続き、『ニコニコネット超会議2020』もご支援いただけることになりました」と報告。「ユーザーのみなさまの笑顔が集まる場所をネット上につくり、『そう来たかっ!』と思ってもらえるような『ニコニコネット超会議2020』にしたいと思います。盛大に盛り上げてまいりますので、ぜひ楽しみにしていてください。では『ニコニコネット超会議2020』でお会いしましょう!」と呼びかけた。