28日・29日に埼玉・メットライフドームにて開催予定だった、人気コンテンツ『ヒプノシスマイク』のライブ『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-5th LIVE@サイタマ《SIX SHOTS TO THE DOME》』が、中止となることが発表された。新型コロナウイルスの感染拡大を受けての決定となる。

【写真】『ドラえもん』ジャイアン役だけど美声!ヒプマイ声優の木村昴

 公式サイトでは「この度、新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、開催について慎重に協議・検討を進めてまいりましたが、現時点において終息の見通しがたっていないことを鑑み、お客様はじめ、公演に関わる出演者やスタッフの健康と安全を最優先に考慮し、2020年3月28日(土)29日(日)に開催を予定しておりました『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-5th LIVE@サイタマ《SIX SHOTS TO THE DOME》』を開催中止とさせていただきます」と経緯を説明。

 続けて「振替公演に関しまして調整がつかないため、開催中止の判断とさせていただきました」と振替公演はしない方向とし「本公演の中止に伴い、チケットをお持ちのお客様につきましては、すべての席種を、払い戻し対象とさせていただきます。また、同日に実施予定のライブビューイングも中止となります」とチケットの払い戻しについてメールで追って連絡するとした。

 また、振替公演はしないが、同公演の中止に伴い、いくつかの施策を実施すると報告。1:28日もしくは29日にメンバー18人が出演する『ヒプノシスマイク特別番組』の配信(※番組内容や日時は追って発表)2:ライブチケット購入者の方へ「ヒプノシスマイク オリジナルクロス」の送付(公演開催の場合に配布予定だった手ぬぐいを郵送)、3:ライブグッズを通信販売すると発表した。

 最後に「開催を楽しみにしてくださっていた全ての皆様におかれましては、ご迷惑をお掛けしますが、ご理解・ご協力を賜りますようお願い申し上げます。事態の沈静化、皆様の安全を心より願っております」と伝えた。

 開催可否を判断することは事前に公式サイトで告知されており「ご来場されるお客様の健康と安全を鑑み、3月12日(木)までに開催可否を判断し、発表させていただくこととなりました」とし「楽しみにお待ちいただいているお客様にはご心配をお掛けしますが、何卒ご理解の程、宜しくお願い致します」と理解を求めていた。

 『ヒプノシスマイク』は、男性声優18人による“音楽原作キャラクターラッププロジェクト”。イケブクロ・ヨコハマ・シブヤ・シンジュク・オオサカ・ナゴヤの6ディビジョン(区画)を拠点とするチーム「Buster Bros!!!」、「MAD TRIGGER CREW」、「Fling Posse」、「麻天狼」、「どついたれ本舗」、「Bad Ass Temple」が、ラップバトルでお互いの領土を争っていく物語。

 ライブは2日間で異なる公演内容のラップバトルを展開し、新たに誕生したオオサカ、ナゴヤ・ディビジョンを加えた全6ディビジョンの全キャストが集結して、ヒプノシスマイク史上最大規模で行われる予定で、さらに、全国都道府県に加え、香港、台湾、韓国、タイ、シンガポールの映画館でライブビューイングも実施される予定だった。

 出演予定だった声優は、木村昴、石谷春貴、天崎滉平、浅沼晋太郎、駒田航、神尾晋一郎、白井悠介、斉藤壮馬、野津山幸宏、速水奨、木島隆一、伊東健人、岩崎諒太、河西健吾、黒田崇矢、葉山翔太、榊原優希、竹内栄治。