俳優の勝地涼と上地雄輔が、4月15日放送スタートの日本テレビ系連続ドラマ『ハケンの品格』(毎週水曜 後10:00)に出演することがわかった。13年ぶりの復活となる同作で、前作にも登場した浅野務役の勝地と近耕作役の上地の続投が決定。すでに発表されている小泉孝太郎とともに“オリジナルメンバー”として物語を盛り上げる。

【写真】新キャストに杉野遥亮、山本舞香ら決定

 新卒で会社に就職し正社員になれば将来は安泰、という日本の雇用システムは平成で終わり。もはや「サラリーマンになれば一生安泰」なんてのは幻想…。日本人の仕事に対する考え方も大きな変化を見せているなか「働き方改革」「高齢化」「副業」「アウトソーシング」「AI導入」など働き方もカオスと化したこの令和の時代、一匹狼の最強ハケン社員・大前春子(篠原涼子)が再び大活躍する。

 13年前、S&Fの新入社員であった浅野(勝地)は、主任に昇進した一方で、思い込みや前のめりゆえの失敗も多いの性格は昔と変わらず。同じく13年前、パソコンスキルが高い派遣社員であった近(上地)は派遣会社・ハケンライフの正社員として就職するが、仕事に振り回される日々を過ごしているという役どころ。

 勝地は「13年の時を経て、生活も、働き方も変化してはいますが、時代にブレない大前春子がどのような活躍を見せてスカッとさせてくれるのか、僕も楽しみにしています」と続編に期待。上地も「13年前は僕もまだ20代で、足らないところもあったと思うので…、ぜひ今回は皆さんに恩返しできたらと思っています。僕が演じる近耕作は前作の派遣社員から、ハケン元のハケンライフに就職しています。世の中の環境も変わるタイミングですし、近の働く姿を通して、世間の状況への理解、共感をしていただけるよう、精一杯演じさせていただきます」と意気込みを語っている。

 また前作の『ハケンの品格』は本日正午からTVerで無料配信開始スタート。