女優の吉高由里子が主演する日本テレビ系連続ドラマ『知らなくていいコト』(毎週水曜 後10:00)最終話となる第10話が、11日放送される。主人公の週刊誌記者・ケイト(吉高)の父・乃十阿(小林薫)が起こした30年の事件の真実が明らかに。そしてケイトとカメラマンの尾高(柄本佑)の先の見えない関係に予想外の結末が待ち受ける。

【動画】ケイト涙の手記…『知らなくていいコト』最終回予告

 30年前に乃十阿が幼い息子をかばい罪をかぶった可能性を聞いたケイトは、乃十阿の息子が住むドイツへと旅立っていた。ケイトの暴走を知った尾高は、当時3歳だった息子に事件の真相を聞いても無駄だと止めようとするが…。ケイトは、乃十阿が息子をかばった気持ちを理解しているような尾高に複雑な思いを抱く。

 そんな中、帰国したケイトを待っていた岩谷(佐々木蔵之介)は、再び事件の真相についての手記を書くようケイトに迫る。乃十阿が人生をかけて守ろうとした秘密を暴き、その息子の人生を狂わせる記事を発表することに抵抗するケイトだが、岩谷は「ケイトがイヤなら俺が書く」と編集部の選抜メンバーで事件の裏取りに動き出す。数日後、会議室に呼ばれたケイトは、新しい証拠と共に、母・杏南(秋吉久美子)と自分の存在も事件に無関係ではなかったと思わせる証言を聞く。

 記者として人として記事を書くことに揺れるケイトはその夜、尾高から「話したいことがある」とスタジオに呼ばれる。先の見えない2人の関係に意外な結末が待っていた。そして、乃十阿の事件の先にケイトが見つけたある答えとは。