お笑い芸人・ブルゾンちえみのバックダンサー「with B」として知られるお笑いコンビ・ブリリアンのコージ(32)とダイキ(32)が10日、それぞれのSNSを更新し、きょう10日をもってコンビを解散することを発表した。

【写真】前を向いて…2人の写真をアップしたブリリアン・コージ(3枚目)

 コージこと徳田浩至は自身のインスタグラムで「我々ブリリアンは本日をもちまして解散することになりました。二人でじっくり話し合いながら決めた事です」と報告。2016年より「with B」として活動してきたが「結果ブリリアンとしては功績を残せないまま解散ということになってしまいました」と振り返った。

 それでも「この解散はマイナスなものではなく、ポジティブに前を向いて進んでいこうという二人の想いの解散です」と説明。ファンや先輩、ブルゾンに謝罪と感謝の言葉を伝え、「そして何より、今まで一緒にいてくれた相方ダイキ、本当に有難う」とつづった。

 また、今後に向けて「これまでの自分と心機一転区切りをつけたかったのと、グローバルに活躍したい」という意味を込めて、芸名を「コージ・トクダ」にすることを発表した。

 一方のダイキこと杉浦大毅も自身のツイッターを更新し「4年前にコージに誘ってもらい、挑戦したお笑いの世界。ブルゾンさんと出会い、沢山のチャンスをいただき、皆様に知ってもらえるようになりました。2人には本当に感謝してます」と思いを告白。

 解散後は「バラエティ番組はもちろんですが、昔からの夢だった役者の道にも挑戦します。これまでの経験を活かしながら、気持ちとしては1からスタートするつもりです」と決意を新たにし、「色々な作品に出れるよう精進しますので、これからは作品越しに、成長した姿で、また皆様に会えたら幸せです」と呼びかけた。

 ダイキも解散を機に「本名である杉浦大毅として活動していきます」と明かした。

 ブリリアンは知人の紹介で知り合った2人が2015年に養成所に入学して結成。卒業した16年からブルゾンとともに活動し、17年に一気にブレイク。俳優としても活動し、コージはTBS系『ノーサイド・ゲーム』、ダイキはNHK『これは経費で落ちません!』に出演した。