4月5日からテレビ東京系で「シーズン3」の放送が決まっているアニメ『キラッとプリ☆チャン』(毎週日曜 前10:00、BSテレ東は毎週火曜 後5:29~)に登場する3人のマスコットのキャストが発表された。

【画像】各キャラクタービジュアル

 『キラッとプリ☆チャン』は、「プリ☆チャン」という番組配信エンターテイメントを舞台に、中学生の「みらい」「えも」「りんか」が「ミラクル☆キラッツ」というグループで「トッププリ☆チャンアイドル」を目指す物語。

 シーズン3では主人公の「みらい」たちが住む「キラ宿」がVR(バーチャル)遊園地「プリ☆チャンランド」に変身。ここで次世代アイドルのクイーンを決める「プリンセスカップ」が開催され、「みらい」たちは新アイテム「プリたまGO」を使って自分たちのグループのマスコットを育てながら「イルミナージュクイーン」を目指す。

 今回発表されたキャストは、主人公「みらい」たちのグループ「ミラクル☆キラッツ」のマスコット「キラッCHU」役を山下七海、ライバルグループ「メルティックスター」のマスコット「メルパン」役を大森日雅、さらに、謎のマスコット「ラビリィ」役を田中美海が担当する。

 アニメの中で、マスコットを育てたり、ライブをするために必要なアイテムとして「みらい」たちに渡される「プリたまGO(ゴー)」は、玩具化されて7月に発売が決定。

 玩具の「プリたまGO」はたまご型で、カラー液晶、背面にカメラを搭載。ボタン操作や本体を動かす遊びをしながら、中にいるマスコットを育てていく。マスコットは「プリたま」から生まれて、「プチマスコット」→「プリティーマスコット」→「アイドルマスコット」と徐々に成長。「アイドルマスコット」になると特別なフルコーデやアイテムをプレゼントしてくれる。液晶画面にそのプレゼントの二次元コードを表示して、店のゲーム筐体でスキャンすると、コーデやアイテムを使うことができる。

 マスコットを育てるには、定番のお世話遊びや「いいね★あつめ」「ダンスレッスン」などのミニゲームをしてコミュニケーションを重ねていく。さらに本体背面のカメラを使って、現実世界を映した画面の中に隠れているマスコットを探す「かくれんぼ」遊びもできる。このカメラでは他にも、写真を撮ったり、「ひみつコード」を読み込んで特別なアイテムをゲットしたりすることができる。遊んで、育てて、コーデをゲットして、小さな本体に「プリ☆チャンランド」の楽しい世界観が詰まった、アニメと連動したスペシャルなアイテムとなっている。

 アミューズメントゲーム『キラッとプリ☆チャン』も、アニメシーズン3のスタートに合わせてリニューアルし4月2日から始まる「プリたま1弾」では、会員証をスキャンした後に「マスコットすくすくダイアリー」が登場し、ゲームの画面でマスコット「キラッCHU」とトークを楽しむことができる。「キラッCHU」はゲームで遊ぶことで、「プチマスコット」から「プリティーマスコット」、「アイドルマスコット」に成長。

 ライブゲーム中には、演出として「プリたまキャッチ」が発生。画面に現れた「プリたま」をタイミング良くボタンを押してキャッチ。ライブ後は「パカッとプリたまルーレット」が始まり、ライブ中にキャッチした「プリたま」がぐるぐる回り、タイミングを合わせてボタンを押して3つの「プリたま」を選択すると、「プリたま」がオープンしコーデが登場。3つの中から欲しいコーデを1つ手に入れることができる。「プリたま」にはさまざまなデザインがあり、それによって出てくるコーデのレアリティが変わる。