シンガー・ソングライターの福山雅治が、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、デビュー30周年記念キックオフライブ「FUKUYAMA MASAHARU 30th ANNIVERSARY KICK-OFF LIVE 三十祭!!『序』」を中止したことを受け、デビュー記念日の21日に都内のレコーディングスタジオで無観客ライブを行うことが決定。その模様がWOWOWプライムで生放送される。

【写真】「ヤバいぐらいハンサム」「異次元」デビュー当時の福山雅治

 福山は当初、3月19・21・22日の3日間、横浜アリーナで30周年記念ライブを行う予定だったが「当日ライブ会場にご来場を予定している皆様の安心と安全を第一に考慮」し、3公演とも中止を決めた。

 しかし、30年間のアーティスト活動への感謝の気持ちを伝えるため、集合イベントではない形で音楽を届けることを模索。デビュー記念日の21日午後4時から都内のレコーディングスタジオで無観客ライブを行うことを決定した。未発表の新曲やオフィシャルサイトで募集している「福山歌!はじまりの歌」に寄せられた多くのリクエストの中から楽曲を披露する。

 ほかにも生放送ならではのトークやSNSを通じてファンと交流することも企画。福山は「音楽を通じてファンとつながる日。最高のスタジオライブを届けたい」と意気込んでいる。