女優の有村架純が主演で、伊藤健太郎、波瑠、林遣都らが共演した映画『コーヒーが冷めないうちに』が、11日深夜2時5分からTBSにて地上波初放送されることがわかった。

【場面カット】有村架純&伊藤健太郎の共演シーン

 同作は、2015年の発売以降、口コミで「とにかく泣ける!」と広がり、17年には本屋大賞にノミネートされた川口俊和氏の同名小説を実写化。映画は18年9月に公開されて、興行収入は15億円を記録した。

 物語は、古き良き昭和の時代から続く喫茶店が舞台。店内の“ある席”に座ると、望んだ通りの時間に戻ることができる伝説があり、さまざまな思いを抱えた客が集まった。そんな中、常連客の大学生・新谷亮介(伊藤)は、少しずつ店員の時田数(有村)と心の距離を縮めていくが、彼女の背後にある“秘密”を知る。会いたかった人との再会を望む客たちに待っていたもの、時田数に隠されていた真実も語られていく。