女優の志田未来が、4月12日スタートの日本テレビ系連続ドラマ『美食探偵 明智五郎』(毎週日曜 後10:30)に出演することがわかった。連続殺人鬼・自称マグダラのマリア(小池栄子)に初めて殺人を依頼するりんご農家の娘・古川茜役を演じる。

【写真】真紅のスーツを着こなす中村倫也 原作書影も

 同ドラマは『海月姫』『東京タラレバ娘』で知られる東村アキコ氏初サスペンス漫画をもとに、中村倫也演じる私立探偵・明智五郎が類まれなグルメの知識を使って、殺人事件を解決しながら、殺人鬼へと変貌する主婦と対決する“恋する毒殺サスペンス”。

 茜はりんご農家の純朴な一人娘。大学進学で上京した彼氏の浮気に悩み、インターネットで相談したところ、マグダラのマリアに目を付けられ浮気相手の殺人を依頼。マリアから林檎と名付けられる…といったキャラクター。オファーを受け志田は「(原作の)林檎の容姿がどことなく自分に似ていると感じ、ぜひやらせて頂きたい!と思いました」とシンパシーを感じ、承諾した。

 「りんご農家の素朴で真っ直ぐな茜が、どうして殺人に手を染めてしまうのか。マリアファミリーとしてどう活躍していくのか。楽しみにしていただけるとうれしいです」と呼びかけている。

 また青森のりんご農家の娘ということで志田は津軽弁にも挑戦。荻野哲弘プロデューサーいわく「実は、現時点で、志田さんの津軽弁セリフがテンコ盛りの、第2話のクライマックスとなるシーンは撮影し終えているのですが、志田さんの天性の才能と絶大な努力のおかげで、現場ではスタッフ一同が感嘆の声を上げ、編集室ではすすり泣きの音が絶えない名シーンとなっております。ぜひご覧下さい!」と期待をあおっている。