人気アイドルグループ・日向坂46の前日譚を描いたノンフィクション単行本『日向坂46ストーリー』(25日発売・集英社)の表紙ビジュアルと、グループ総合プロデューサーの秋元康氏が寄せた帯文コメントが公開された。

【写真】3月1日放送 齊藤京子編のソロCM

 同書は、『週刊プレイボーイ』(集英社)で2018年4月から19年9月にわたって掲載されていた「日向坂46ストーリー〜ひらがなからはじめよう〜」を単行本化。少女たちが「けやき坂46」から「日向坂46」へと名前を変える数奇な運命を描いた連載部分に加え、2019年3月に迎えたシングルデビュー後の彼女たちに迫った最終章の書き下ろしも追加される。

 表紙ビジュアルは、ネイビーのポロシャツ&チェック柄のスカートというスクールガール風の衣装をまとったメンバーたちが手をつないだカットが上下2枚にレイアウト。グループの躍動感と勢い、そして仲の良さが伝わってくるデザインとなった。

 秋元氏のコメント全文は、以下の通り。

「日向坂に到るまでの道のりは、決して平坦なものではなかった。そもそも、そこに道はあったのだろうか? 鬱蒼とした森を抜け、川を渡り、岩肌をよじ登り、ここまで来た。どんな逆境の中でも、彼女たちは信じていた。やがて、陽が当たることを…。これは、メンバーとファンだけが知ってるヒストリーである。僕は、その時々のメンバーやファンの声に耳を傾け、歌詞を書いて来た。この時にあの曲が生まれたのか?と想像しながら読んで欲しい」

 本書の予約特典は限定ポストカード(HMV&BOOKS online、タワーレコードオンライン、セブンネットショッピング、楽天ブックス)。