女優の広瀬すず、俳優の吉沢亮、堤真一、浜崎慎治監督が10日、東京・青山迎賓館で行われた映画『一度死んでみた』(3月20日公開)の大ヒット祈願イベントに出席した。

【動画】“アーメン”と唱え祈願する広瀬すず&吉沢亮

 今作でコメディー作品に初挑戦した広瀬は「やっと公開かという思いもありつつ、初コメディーなので『あまり観られたくないな…』という複雑な気持ちもあります(笑)。周りの皆さんがおもしろ過ぎちゃって『ちょっと違ったかな?』という思いが公開が近づくほど増してきています」と本音を漏らしつつ「温かい目で見守ってもらえれば」と茶目っ気たっぷりに呼びかけた。

 そんな広瀬を横目に、共演の吉沢は「すずちゃんのコメディーは、めちゃくちゃ面白いですし、デスメタルのライブシーンの迫力というか完成度が高すぎる」と絶賛。浜崎監督も「こんな広瀬すずは、見たことないという表情や芝居ですよ。見たことない広瀬すずがそこにいます!」と太鼓判を押していた。

 この日のイベントでは、チャペルにて“大ヒット祈願ミサ”を実施。堤は「チャペルに来るのが結婚式以来。ちょっと当時を思い出しましたね」と感慨深げだった。

 同作で売れないデスメタルバンドでボーカルを担当する女子大生・七瀬を広瀬、製薬会社を経営する父親・計(はかる)を堤、計の部下で存在感がなさすぎる松岡を吉沢が演じる。“2日間だけ死んじゃう薬”を飲んだ計が仮死状態になり、2日後には生き返るはずだったが、何者かの陰謀によりそのまま火葬されてしまいそうになる。父が大嫌いだった七瀬だが、松岡とともに立ち上がることを決意し、計を生き返らせようと奮闘していく。